1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. メディカルアフェアーズ/MSLの転職・求人

メディカルアフェアーズ/MSL転職・求人情報

パイプライン豊富な新薬メーカーや領域指定の求人など、
メディカルアフェアーズ/MSLの求人を網羅。

「すぐに転職したい」「まずは求人を見たい」方もお気軽にご相談ください

無料転職サポートを利用する

総求人数(非公開求人含む)
非公開求人とは?

209

新着2018/12/14 UP

日系大手製薬メーカーNEW!

メディカルアフェアーズ

仕事内容 ■メディカルアフェアーズ業務に従事していただきます。
勤務地 東京都
年収 600万円~1350万円
この求人の詳細を見る

お問い合わせ番号 : 192455

新着2018/12/14 UP

日系大手製薬メーカーNEW!

メディカルパブリケーション

仕事内容 ■メディカルパブリケーション業務に従事していただきます。
勤務地 東京都
年収 600万円~1200万円
この求人の詳細を見る

お問い合わせ番号 : 195263

仕事内容 ■メディカルサイエンスリエゾン(MSL)は、新薬開発(未承認薬)から市販後まで一貫した製品価値最大化を目指し、社内外をコーディネートする担当者です。
パイオニア精神・チャレンジ精神に溢れ、医療の発展のために貢献したいという強い熱意を持っている方、臨床開発/非臨床研究などの業務経験が無くてもチャレンジ意欲のある方をお待ちしております。

・MSLとして、オンコロジー領域を担当する。
・メディカルダイレクター(MD)とMedical Research、MSLで構成されるメディカルチーム及び部門横断型チーム(Cross-Functional Team: CFT)のメンバーとなる。
・メディカルチームやCFTで決定された方針・計画に沿って、チームの活動を行う。
勤務地 東京都、大阪府
東京または大阪
年収 600万円~1000万円
この求人の詳細を見る

お問い合わせ番号 : 183455

新着2018/12/13 UP

日本イーライリリー株式会社NEW!

MSL(糖尿病領域)

仕事内容 ■担当疾患領域(糖尿病)の専門家として病態や治療薬に関する深い知識を背景に、領域専門医等からの医学・科学的な疑問点やニーズに対応することにより、患者さんの病状改善やQOL向上に貢献する。また領域専門医等との議論を通じて得た意見やニーズを社内関係部署に還元し、製品価値の最大化に貢献する。

【主な職責/Primary responsibilities】
■領域専門医等のリクエストに応じて、最新医学・科学情報を提供・議論する
■領域専門医等の意見、疑問、ニーズならびに共同研究などの機会を探索・収集し、社内関連部署と連携して解決策を探る。
■サイエンティフックエキスパート(SE)/ソートリーダー(TL)との関係構築並びに良好な関係維持を行う。

【その他/Secondary responsibilities】
■ディカル部門主導イベント(アドバイザリーボード等)を社内医学専門家と協働して実施する。
勤務地 東京都、兵庫県
神戸本社または東京支社
年収 経験・能力を考慮のうえ、優遇
この求人の詳細を見る

お問い合わせ番号 : 195382

新着2018/12/13 UP

大手医薬品メーカーNEW!

MSL(オンコロジー領域)

仕事内容 ■特定疾患領域の専門家として病態や治療薬に関する深い知識を背景に、領域専門医等からの医学・科学的な疑問点やニーズに対応することにより、患者さんの病状改善やQOL向上に貢献します。

【具体的には】
・領域専門医等のリクエストに応じて、最新医学・科学情報を提供・議論する
・領域専門医等の意見、疑問、ニーズならびに共同研究などの機会を探索・収集し、社内関連部署と連携して解決策を探る。
・オピニオンリーダー(OL)/サイエンティフックエキスパート(SE)との関係構築および維持をする
・メディカル部門主導イベント(アドバイザリーボード等)を社内医学専門家と協働して実施する
勤務地 兵庫県
年収 経験・能力を考慮のうえ、優遇
この求人の詳細を見る

お問い合わせ番号 : 189324

メディカルアフェアーズ/MSL転職ノウハウ

メディカルアフェアーズ/MSLの応募書類の書き方を見る

製薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ)メディカルアフェアーズ/MSL転職情報に詳しい理由

TOKYO STOCK EXCHANGE 東証上場

Answers(アンサーズ)を運営する株式会社クイック(東証一部上場)は、1980年創業。30年以上の歴史があります。メガファーマをはじめ、数多くの製薬メーカー・CROで、転職希望者を一番多く採用していただきました。
そのため製薬企業各社と深くお付き合いをする中で得た情報を蓄積しています。