1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 企業研究一覧
  3. 小野薬品工業
  4. 年収

小野薬品工業

平均年収の推移

小野薬品工業の平均年収の推移の棒グラフ。

小野薬品工業の17年度の平均年収は905.5万円でした。オプジーボ発売以来の業績拡大に合わせるように上昇傾向です。業界全体に向かい風が吹く中、従業員数も5年間で600人ほど増加。工場建設などもあり、今後も増加すると考えられます。

小野薬品工業の年度別平均年収・平均年齢・平均勤続年数・従業員数の推移表。【平均年収(単体)】2017年度:905.5万円、2016年度:896.8万円、2015年度:877.5万円、2014年度:872.0万円、2013年度:873.2万円。【平均年齢(単体)】2017年度:41.4歳、2016年度:40.9歳、2015年度:40.2歳、2014年度:40.4歳、2013年度:40.1歳。【平均勤続年数(単体)】2017年度:15.3年、2016年度:14.9年、2015年度:14.6歳、2014年度:15.8歳、2013年度:15.9歳。【従業員数(単体)】2017年度:3199、2016年度:3062人、2015年度:2902人、2014年度:2652人、2013年度:2608人。【従業員数(連結)】2017年度:3480人、2016年度:3290人、2015年度:3116人、2014年度:2913人、2013年度:2858人。

平均年収の比較

主な上場製薬企業の平均年収。主な上場製薬企業の平均年収ランキング(売上高順)。【平均年収順位】主な上場製薬企業の平均年収ランキング(売上高順)。主な上場製薬企業の平均年収ランキング(売上高順)。【平均年収順位】1位:第一三共、2位:アステラス製薬、3位:大塚ホールディングス、4位:エーザイ、5位:武田薬品工業、6位:ペプチドリーム、7位:中外製薬、8位:キョーリン製薬ホールディングス、9位:塩野義製薬、10位:小野薬品工業、11位:田辺三菱製薬、12位:大正製薬ホールディングス、13位:生化学工業、14位:大日本住友製薬、15位:協和発酵キリン、16位:JCRファーマ、17位:参天製薬、18位:持田製薬、19位:ツムラ、20位:あすか製薬、21位:科研製薬、22位:キッセイ薬品工業、23位:日本新薬、24位:鳥居薬品、25位:ゼリア新薬工業、26位:日本ケミファ、27位:日医工、28位:久光製薬、29位:富士製薬工業、30位:東和薬品、31位:沢井製薬、32位:わかもと製薬、33位:扶桑薬品工業。

小野薬品の平均年収は国内上場製薬企業33社中10位でした。好業績に後押しされ国内大手に次ぐ位置につけています。

AnswersNewsとは

医薬品業界TOPメディア出身の記者が、製薬業界のニュースを解説。
業界の話題がよくわかる、製薬業界で働く人のためのニュースメディアです。

AnswersNews 話題のニュースがよくわかる。製薬業界で働く人のメディア

他の製薬企業も見る