1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 企業研究一覧
  3. 大日本住友製薬

大日本住友製薬

大日本住友製薬の売上高と営業利益の推移

大日本住友製薬は、大日本製薬と住友製薬が2005年に合併して設立した製薬企業です。17年度の売上高は国内7位。精神疾患領域とがん領域を重点領域に定め、買収・導入も活発です。

17年度は売上高4668億円(前年度比14.3%増)、営業利益882億円(118.9%増)でした。北米で販売されている統合失調症治療薬「ラツーダ」が大きく伸長し過去最高益を達成しました。

大日本住友製薬の売上高と営業利益の推移の棒グラフ。【売上高】2013年度:3877億円、2014年度:3714億円、2015年度:4032億円、2016年度:4084億円、2017年度:4668億円。【営業利益】2013年度:421億円、2014年度:233億円、2015年度:369億円、2016年度:403億円、2017年度:882億円。

【大日本住友製薬】迫る「ラツーダクリフ」 克服のカギは開発成功の確度

最主力品「ラツーダ」の特許切れを控える大日本住友製薬。17年度は過去最高益を更新したものの、特許切れの崖を乗り越えるための”特効薬”を発売できず、苦しい局面に立たされています。経営のスリム化や後期開発品の獲得で対策を行っており、北米でのがん事業の立ち上げと自社製品の発売が待たれます。

大日本住友製薬の主要製品と製品別売上高

大日本住友製薬の主要製品と製品別売上高の表。【北米】<ラツーダ>2017年度売上高:1786億円(前年度比31.4パーセント)、2018年度予想:1935億円(前年度比8.3パーセント)。<ブロバナ>2017年度売上高:331億円(前年度比0.3パーセント)、2018年度予想:347億円(前年度比4.8パーセント)。<アプティオム>2017年度売上高:157億円(前年度比35.5パーセント)、2018年度予想:202億円(前年度比28.7パーセント)。<ロンハラ マグネア>2017年度売上高:-億円、2018年度予想:12億円(前年度比-パーセント)。<COPD治療薬>2017年度売上高:5億円(前年度比-パーセント)、2018年度予想:6億円(前年度比20.0パーセント)。<ゾペネックス>2017年度売上高:40億円(前年度比マイナス22.1パーセント)、2018年度予想:41億円(前年度比2.5パーセント)。<シクレソニド>2017年度売上高:14億円(前年度比マイナス72.1パーセント)、2018年度予想:-億円。【中国】<メロペン>2017年度売上高:204億円(前年度比32.6パーセント)、2018年度予想:200億円(前年度比マイナス2.0パーセント)。【海外その他】<メロペン(輸出)>2017年度売上高:102億円(前年度比50.9パーセント)、2018年度予想:74億円(前年度比マイナス27.5パーセント)。【国内】<アイミクス>2017年度売上高:188億円(前年度比9.6パーセント)、2018年度予想:87億円(前年度比マイナス53.7パーセント)。<トレリーフ>2017年度売上高:161億円(前年度比6.2パーセント)、2018年度予想:160億円(前年度比マイナス0.6パーセント)。<トルリシティ>2017年度売上高:159億円(前年度比135.1パーセント)、2018年度予想:228億円(前年度比43.4パーセント)。<ロナセン>2017年度売上高:126億円(前年度比マイナス1.3パーセント)、2018年度予想:125億円(前年度比マイナス0.8パーセント)。<リプレガル>2017年度売上高:117億円(前年度比9.7パーセント)、2018年度予想:124億円(前年度比6.0パーセント)。<メトグルコ>2017年度売上高:109億円(前年度比マイナス2.8パーセント)、2018年度予想:104億円(前年度比マイナス4.6パーセント)。<アバプロ>2017年度売上高:84億円(前年度比マイナス18.9パーセント)、2018年度予想:29億円(前年度比マイナス65.5パーセント)。<シュアポスト>2017年度売上高:50億円(前年度比15.9パーセント)、2018年度予想:59億円(前年度比18.0パーセント)。<アムビゾーム>2017年度売上高:43億円(前年度比マイナス1.8パーセント)、2018年度予想:43億円(前年度比0.0パーセント)。<アムロジン>2017年度売上高:114億円(前年度比マイナス12.2パーセント)、2018年度予想:91億円(前年度比マイナス20.2パーセント)。<プロレナール>2017年度売上高:54億円(前年度比マイナス17.4パーセント)、2018年度予想:43億円(前年度比マイナス20.4パーセント)。<ガスモチン>2017年度売上高:49億円(前年度比マイナス18.7パーセント)、2018年度予想:39億円(前年度比マイナス20.4パーセント)。<メロペン>2017年度売上高:33億円(前年度比マイナス22.4パーセント)、2018年度予想:27億円(前年度比マイナス18.2パーセント)。

11年に発売した最主力品の統合失調症治療薬「ラツーダ」は、売り上げの4割を占めるブロックバスターに成長。17年度は前年度比31.4%増の1786億円を売り上げました。特許切れを控えますが、CM広告などの対策が功を奏し18年度は1935億円の増収を見込みます。

国内では、2型糖尿病治療薬「トルリシティ」が好調です。17年度は前年度の135.1%増の159億円を売り上げました。また、18年7月には、パーキンソン病治療薬「トレリーフ」がレビー小体型認知症に伴うパーキンソニズムを対象に世界初の承認を獲得。薬価引き下げの影響も最小限に抑えており、18年度は横ばい予想となっています。

一方、高血圧治療薬「アイミクス」が18年6月発売の後発医薬品の影響を受けているほか、長期収載品は薬価改定の影響で減収を見込みます。国内事業全体では減収減益となる見通しです。

大日本住友製薬の基本情報

2018年11月

社名 大日本住友製薬株式会社(Sumitomo Dainippon Pharma Co.,Ltd.)
本社所在地 【大阪本社】大阪府大阪市中央区道修町2-6-8
【東京本社】東京都中央区京橋1-13-1
設立 1897年5月14日(合併期日:2005年10月1日)
資本金 224億円(2018年9月30日現在)
上場 東証1部
代表者名 野村 博(代表取締役社長)
主な事業所所在地 【支店】札幌市、仙台市、東京都中央区、千葉市、さいたま市、横浜市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、広島市、高松市、福岡市
【工場】三重県鈴鹿市、大阪府茨木市、愛媛県新居浜市、大分市
【研究所】大阪府吹田市、大阪市、神戸市

AnswersNewsとは

医薬品業界TOPメディア出身の記者が、製薬業界のニュースを解説。
業界の話題がよくわかる、製薬業界で働く人のためのニュースメディアです。

AnswersNews 話題のニュースがよくわかる。製薬業界で働く人のメディア

他の製薬企業も見る