1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 企業研究一覧
  3. キョーリン製薬ホールディングス(杏林製薬/キョーリンリメディオ)
  4. パイプライン

キョーリン製薬ホールディングス(杏林製薬/キョーリンリメディオ)

キョーリン製薬HDのパイプライン

キョーリン製薬HDは、呼吸器・耳鼻科・泌尿器領域に注力しています。21年1月までに、抗菌薬「ラスビック」の静注製剤(開発コード・KRP-AM1977Y)と間質性膀胱炎治療薬「ジムソ」(KRP-116D)が承認されました。自社開発だけでなく、アライアンス活動も強化しており、2020年1月には米aTryから免疫調整薬「KRP-R120」を導入。あすか製薬とも、同社が臨床第2相(P2)試験を進める前立腺肥大症治療薬の開発で提携しました。

【キョーリン製薬HDのパイプライン】(フェーズ2以降、2020年11月5日現在 ): (申請中) KRP-AM1977Y【日】キノロン系合成抗菌薬(注射剤) |KRP-116D【日】間質性膀胱炎 |※キョーリン製薬HDの決算資料をもとに作成

 

【キョーリン製薬ホールディングス(杏林製薬/キョーリンリメディオに関する記事を読む】
キョーリン製薬ホールディングスの記事一覧
杏林製薬の記事一覧

キョーリン製薬ホールディングスへの転職をお考えの方はお気軽にご相談ください。

転職サポートを利用する

AnswersNewsとは

医薬品業界TOPメディア出身の記者が、製薬業界のニュースを解説。
業界の話題がよくわかる、製薬業界で働く人のためのニュースメディアです。

AnswersNews 話題のニュースがよくわかる。製薬業界で働く人のメディア

他の製薬企業も見る