1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. 医薬品市場>
  4. 【15年度国内医薬品売上高ランキング】「ハーボニー」発売7ヶ月で2693億円…伸び率トップは741%増の「オプジーボ」
医薬品市場

【15年度国内医薬品売上高ランキング】「ハーボニー」発売7ヶ月で2693億円…伸び率トップは741%増の「オプジーボ」

発売直後から爆発的に売り上げを伸ばした「ハーボニー」や「ソバルディ」などのC型肝炎治療薬が国内の医薬品市場を席巻した2015年度。AnswersNewsでは、製薬各社が公表した決算資料などをもとに15年度の国内の製品売上高を集計、年間売上高が50億円以上の医療用医薬品219品目をランキングにしました。

 

トップは「ハーボニー」で、15年9月の発売から7ヶ月で売上高は2693億円。2位は「ソバルディ」で、14年度に首位だった「プラビックス」は後発医薬品の参入が影響し、3位に後退しました。

 

 

ギリアドの2製品が上位独占、「プラビックス」は3位に

15年度の国内医療用医薬品の売上高トップとなったのは、ギリアド・サイエンシズのC型肝炎治療薬「ハーボニー」。発売からわずか7ヶ月で2693億円を売り上げました。2位は同じギリアドのC型肝炎治療薬「ソバルディ」。高い有効性のみならず、高額な薬価でも話題をさらったギリアドの2製品が上位を独占しました。

 

3位は前年首位だったサノフィの抗血小板薬「プラビックス」。後発医薬品が参入し、前年から売り上げを2割落としました。

 

抗がん剤「アバスチン」や疼痛治療薬「リリカ」、プロトンポンプ阻害剤(PPI)「ネキシウム」など各社の主力品が2桁成長となったほか、骨粗鬆症治療薬「フォルテオ」や加齢黄斑変性治療薬「アイリーア」などが大きく成長。一方、ARB「ブロプレス」やPPI「タケプロン」「パリエット」、認知症治療薬「アリセプト」など、かつて国内大手の業績を支えた製品は後発品の影響で2桁の売り上げ減となりました。

 

前年からの伸び率が最も大きかったのは、741.0%増の212億円で66位にランクインした小野薬品工業のがん免疫療法薬「オプジーボ」。昨年12月には非小細胞肺がんへの適応拡大が承認され、対象患者は大きく拡大しました。16年度は495.7%増の1260億円を予想しており、ランキングトップに躍り出る可能性もあります。

 

「トラゼンタ」が急成長、「ネシーナ」に迫る

競争が激しいDPP-4阻害薬では、MSDの「ジャヌビア」が771億円でトップ。武田薬品工業の「ネシーナ」が売り上げを減らした一方、日本ベーリンガーインゲルハイムの「トラゼンタ」が急成長し、差が詰まってきました。

 

次世代の糖尿病治療薬として期待されていたSGLT-2阻害薬は、アステラス製薬の「スーグラ」が唯一ランクイン。16年度は125億円を見込んでいるほか、ランク外の「フォシーガ」(小野薬品工業)も今期100億円を予想。ようやく成長軌道に乗ってきたように見えます。他社の製品も含め、16年度の市場の動向に注目です。

 

「イグザレルト」がトップ20入り

2010年以降、新製品が相次いだ経口抗凝固薬は、バイエル薬品の「イグザレルト」が28.3%増の517億円で19位。経口抗凝固薬市場で37.1%のシェアを握るまでに成長しました。

 

第一三共がARB「オルメテック」の特許切れからの成長回復を託す「リクシアナ」は262.6%増の130億円でした。リクシアナは16年度改定で効能変化再算定を受け、薬価が28%引き下げられたものの、今年度も90%超の成長を見込んでいます。

 

新製品、「クレナフィン」が好調

最近発売された新製品では、72位にランクインした科研製薬の爪白癬治療薬「クレナフィン」の好調ぶりが目立ちます。14年9月に国内初の外用爪白癬治療薬として発売され、15年度の売上高は189.7%増の199億円。今年4月に佐藤製薬から競合品が発売されましたが、16年度も20%近い成長を予想しています。

 

【ランキング表】国内売上高50億円以上の219品目を一気に紹介

ここからはランキング表です。15年度の国内売上高が50億円以上の医療用医薬品219品目を一気に紹介します。

ランキングは、▽国内製薬企業の16年3月期決算資料(一部15年12月期、16年2月期を含む)▽外資系企業の公表資料(データ元はIMSジャパン)▽IMSジャパンのトップライン市場データ(国内上位10品目)―をもとに作成。年間売上高が50億円以上の先発医薬品とバイオシミラーを対象とし、後発医薬品は集計から除外しました。

▽外資系企業の多くが国内製品売上高を公表しておらず、ランキングに反映されていない▽外資系企業の製品売上高は薬価をベースとしているため、医薬品卸への販売額をベースとする国内企業に比べて売上高が高めに出ている―の2点に留意した上でご覧ください。

 

15年度医療品医薬品国内売上高ランキング1

15年度医療用医薬品国内売上高ランキング2

15年度医療用医薬品国内売上高ランキング3

15年度医療用医薬品国内売上高ランキング4

15年度医療用医薬品国内売上高ランキング5

15年度医療用医薬品国内売上高ランキング6

15年度医療用医薬品国内売上高ランキング7

15年度医療用医薬品国内売上高ランキング8

15年度医療用医薬品国内売上高ランキング9

 

  1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. 医薬品市場>
  4. 【15年度国内医薬品売上高ランキング】「ハーボニー」発売7ヶ月で2693億円…伸び率トップは741%増の「オプジーボ」