1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. ニュース解説>
  4. 医薬品業界「役員報酬1億円以上」は50人…トップは20億円、上位5人が5億円超
ニュース解説

医薬品業界「役員報酬1億円以上」は50人…トップは20億円、上位5人が5億円超

1億円以上は個別開示が義務付けられている上場企業の役員報酬。AnswersNewsが各社の有価証券報告書を集計したところ、医薬品業界で直近の事業年度に1億円以上の役員報酬を得ていた役員は50人で、昨年の集計から4人増加したことがわかりました。最高額はクリストフ・ウェバー氏(武田薬品工業社長CEO)の20億7300万円。人数ではエーザイの6人が最多でした。

 

トップ3は武田薬品

上場企業には、年間1億円以上の役員報酬を受けた役員の氏名と報酬額を有価証券報告書で個別に開示することが義務付けられています。今回は、2019年4月~20年3月に本決算を迎えた医薬品業界の企業(OTCメーカーを含む製薬企業、バイオベンチャー、医薬品卸、CSOやCROなどの周辺産業の企業、薬局チェーン)のうち、1億円以上の役員報酬を得た役員を有価証券報告書で開示した企業を集計対象としました。

 

【【医薬品業界】1億円以上の報酬を受けた役員50人】(集計対象:19年4月期~20年3月期の有価証券報告書。*は退任。役職は20年7月13日現在【単位:万円】)(順位/氏名(敬称略)/社名・役職/役員報酬/前年比): |1/クリストフ・ウェバー/武田薬品工業・代表取締役社長CEO/20億7300/+3億1500 |2/アンドリュー・プランプ/武田薬品工業・取締役/10億4600/+2億5100 |3/コンスタンティン・サルウコス/武田薬品工業・取締役CFO/6億6400/― |4/安川健司/アステラス製薬・代表取締役社長CEO/5億3700/+2億4700 |5/サジ・プロシダ*/エーザイ・前執行役/5億2300/+3億4000 |6/畑中好彦/アステラス製薬・代表取締役会長/4億7700/+2億900 |7/松本南海雄/マツモトキヨシHD・代表取締役会長/2億9800/-500 |8/岩崎真人/武田薬品工業・取締役/2億9700/+1億400 |9/小林一雅/小林製薬・代表取締役会長/2億9300/+400 |10/樋口達夫/大塚HD・代表取締役社長CEO/2億4500/+6800 |11/岡村直樹/アステラス製薬・代表取締役副社長/2億3100/― |12/大塚一郎/大塚HD・代表取締役会長/2億1900/+3400 |13/永山治*/中外製薬・前代表取締役会長/2億1100/-1200 |14/小坂達朗/中外製薬・代表取締役会長CEO/2億0900/+3500 |15/眞鍋淳/第一三共・代表取締役社長CEO/1億9600/+3000 |16/山田邦雄/ロート製薬・代表取締役会長/1億9200/+1000 |17/中山譲治*/第一三共・前代表取締役会長/1億8400/+100 |18/田村眞一/そーせいG・代表執行役会長兼社長CEO/1億8200/― |19/佐藤慎次郎/テルモ・代表取締役社長CEO/1億8000/+4200 |20/リン・クレイマー/エーザイ・執行役/1億7600/-1800 |21/小林豊*/小林製薬・前代表取締役副会長/1億7400/-1400 |22/中冨博隆/久光製薬・代表取締役会長/1億7300/-400 |23/手代木功/塩野義製薬・代表取締役社長/1億6000/-3800 |23/三津原博*/日本調剤・前代表取締役社長/1億6000/-5億6600 |25/内藤晴夫/エーザイ・代表執行役CEO/1億5700/+500 |26/三村孝仁/テルモ・代表取締役会長/1億4700/+3900 |27/松本清雄/マツモトキヨシHD・代表取締役社長/1億4500/+1300 |28/柴田高/大幸薬品・代表取締役社長/1億4000/+2800 |29/ガリー・ヘンドラー/エーザイ・常務執行役/1億3700/-500 |30/澤井弘行*/沢井製薬・前代表取締役会長/1億3400/― |30/マルコム・ウィアー/そーせいG・執行役副会長/1億3400/― |32/上野幹夫/中外製薬・代表取締役副会長/1億3200/+1400 |33/宮本昌志/協和キリン・代表取締役社長CEO/1億2700/― |34/小林将之/大塚HD・取締役/1億2500/+500 |35/上原茂/大正製薬HD・取締役副社長/1億2400/-100 |36/花井陳雄*/協和キリン・前取締役会長/1億2100/-2600 |36/鶴羽樹/ツルハHD・取締役会長/1億2100/-600 |38/相良暁/小野薬品工業・代表取締役社長/1億1600/+200 |39/黒川明/参天製薬・代表取締役会長/1億1500/+700 |39/谷内樹生/参天製薬・代表取締役社長CEO/1億1500/― |39/大沼哲夫/科研製薬・代表取締役会長/1億1500/+1300 |42/塩野元三*/塩野義製薬・前代表取締役会長/1億1400/-1600 |43/上原明/大正製薬HD・代表取締役社長/1億1300/-400 |44/ヤンホイ・フェン/エーザイ・常務執行役/1億1000/-400 |45/エドワード・S・ギリー/エーザイ・常務執行役/1億0800/― |46/加藤照和/ツムラ・代表取締役社長/1億0300/― |47/多田正世/大日本住友製薬・代表取締役会長/1億0100/-100 |47/クリス・カーギル/そーせいG・執行役副社長CFO/1億0100/― |49/上原健/大正製薬HD・取締役/1億0000/― |49/柴田仁/大幸薬品・代表取締役会長/1億0000/― |※HDはホールディングス、Gはグループの略

 

1位は武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長CEO(最高経営責任者)で、役員報酬の総額は20億7300万円(前年比3億1500万円増)でした。ウェバー氏のトップは4年連続。基本報酬は2億7300万円で、賞与(6億7500万円)と長期インセンティブ(11億2500万円)が報酬の大半を占めました。

 

ウェバー氏を含む上位3人はすべて武田薬品の役員で、2位には研究開発を統括するリサーチ&ディベロップメントプレジデントのアンドリュー・プランプ取締役(10億4600万円)、3位にはCFO(最高財務責任者)のコンスタンティン・サルウコス取締役(6億6400万円)がランクイン。プランプ氏は報酬のほとんどを米国子会社の武田ファーマシューティカルズ・インターナショナルから受け取っています。武田からはこのほか、国内事業の責任者であるジャパンファーマビジネスユニットプレジデントの岩崎真人取締役(2億9700万円)も8位に入りました。

 

武田は今年公表した有価証券報告書の中で、社外を含む取締役16人全員の報酬を個別に開示しました。1億円未満の役員まで報酬を開示するのは異例です。武田はさらに、重大な決算の修正や不正行為があった場合に役員報酬を会社に返還させる「クローバック制度」を20年度から導入。役員報酬が高額化する中、透明性を向上させ、経営責任を明確化する狙いです。

 

武田の3人に続いて4位となったのは、19年度から取締役の報酬制度を見直したアステラス製薬の安川健司社長CEOで、報酬総額は前年から2億4700万円アップの5億3700万円。5位は昨年12月末で退任したエーザイのサジ・プロシダ執行役(5億2300万円)で、5位までが5億円を超えました。同氏はプレジデント兼COO(最高執行責任者)を務めていた米子会社エーザイ・インクから退職関連給付として3億6900万円を受け取っています。

 

開示人数トップはエーザイ

今回の集計で1億円以上の役員報酬を受けたのは50人で、昨年の集計から4人増加。50人の報酬額は計122億5500万円で、昨年の111億7200万円から10億8300万円増えました。

 

1億円以上の報酬を受け取ったとして個別開示した役員の人数が最も多かったのは、エーザイの6人。次いで多かったのは武田の4人で、大塚ホールディングス(HD)とアステラス製薬、中外製薬、大正製薬HDが3人で続きました。

 

【企業別役員報酬の開示人数】(社名/人数): <医薬品業界> エーザイ/6人 |武田薬品工業/4人 |大塚HD・アステラス製薬・中外製薬・大正製薬HD/3人 <全業界> 三菱UFJ FG/10人 ファナック・東京エレクトロン・三菱商事・三井物産/8人 バンダイナムコHD・三井不動産・野村HD/7人 |※全業界は東京商工リサーチ調べ(7月10日時点)で、対象は20年3月期の有価証券報告書。HDはホールディングス、FGはフィナンシャルグループの略。

 

東京商工リサーチの7月10日時点のまとめによると、20年3月期決算の上場企業で役員報酬を個別開示したのは243社498人。最高額は住友不動産の高島準司元会長(22億5900万円)で、武田のウェバー社長は3位、プランプ取締役は7位に入りました。

 

開示人数では、三菱UFJフィナンシャルグループの10人が最多。ファナック、東京エレクトロン、三菱商事、三井物産の4社が8人、バンダイナムコHD、三井不動産、野村HDの3社が7人で続きました。

 

従業員との「報酬格差」最大190倍

役員と従業員の「報酬格差」が最も大きかったのは、役員報酬額でトップとなった武田のウェバー社長。ウェバー氏の役員報酬20億7300万円を従業員の平均年収1091万1000円で割ると、格差は190倍に及びました。武田の従業員の平均年収は前年比2万9000円減とほぼ横ばい。格差は前年の160.7倍からさらに広がりました。

 

ウェバー氏に続いて格差が大きかったのは、武田のプランプ取締役(95.9倍)とサルウコス取締役(60.9倍)。従業員との格差が20倍を超えたのは22人で、昨年の集計から6人増えました。

 

【役員報酬と従業員平均年収の格差】(集計対象:19年4月期~20年3月期の有価証券報告書。個別開示された役員報酬を、有価証券報告書記載の従業員平均年収で割って算出/ *はすでに退任【単位:百万円】)(順位/氏名(敬称略)/社名/格差(倍)/役員報酬/従業員平均年収): 1/クリストフ・ウェバー/武田薬品工業/190.0/2,073/10.911 |2/アンドリュー・プランプ/武田薬品工業/95.9/1,046/10.911 |3/コンスタンティン・サルウコス/武田薬品工業/60.9/664/10.911 |4/サジ・プロシダ*/エーザイ/50.4/523/10.370 |5/安川健司/アステラス製薬/49.3/537/10.889 |6/畑中好彦/アステラス製薬/43.8/477/10.889 |7/小林一雅/小林製薬/43.0/293/6.814 |8/松本南海雄/マツモトキヨシHD/42.4/298/7.036 |9/三津原博*/日本調剤/29.6/160/5.399 |10/岩崎真人/武田薬品工業/27.2/297/10.911 |11/山田邦雄/ロート製薬/26.8/192/7.157 |12/中冨博隆/久光製薬/26.0/173/6.642 |13/小林豊*/小林製薬/25.5/174/6.814 |14/佐藤慎次郎/テルモ/24.0/180/7.494 |15/樋口達夫/大塚HD/23.7/245/10.323 |16/沢井弘行*/沢井製薬/22.2/134/6.036 |17/鶴羽樹/ツルハHD/21.9/121/5.521 |18/大塚一郎/大塚HD/21.2/219/10.323 |18/岡村直樹/アステラス製薬/21.2/231/10.889 |20/永山治*/中外製薬/20.7/211/10.173 |21/松本清雄/マツモトキヨシHD/20.6/145/7.036 |22/小坂達朗/中外製薬/20.5/209/10.173 |23/三村孝仁/テルモ/19.6/147/7.494 |24/眞鍋淳/第一三共/17.4/196/11.267 |25/柴田高/大幸薬品/17.1/140/8.167 |26/リン・クレイマー/エーザイ/17.0/176/10.370 |26/手代木功/塩野義製薬/17.0/160/9.431 |28/中山譲治*/第一三共/16.3/184/11.267 |29/田村眞一/そーせいG/15.3/182/11.892 |30/内藤晴夫/エーザイ/15.1/157/10.370 |31/宮本昌志/協和キリン/14.7/127/8.611 |32/上原茂/大正製薬HD/14.5/124/8.528 |32/大沼哲夫/科研製薬/14.5/115/7.913 |34/花井陳雄*/協和キリン/14.1/121/8.611 |35/黒川明/参天製薬/14.0/115/8.218 |35/谷内樹生/参天製薬/14.0/115/8.218 |37/上原明/大正製薬HD/13.3/113/8.528 |38/ガリー・ヘンドラー/エーザイ/13.2/137/10.370 |39/上野幹夫/中外製薬/13.0/132/10.173 |40/加藤照和/ツムラ/12.7/103/8.096 |41/相良暁/小野薬品工業/12.5/116/9.283 |42/柴田仁/大幸薬品/12.2/100/8.167 |43/小林将之/大塚HD/12.1/125/10.323 |43/塩野元三*/塩野義製薬/12.1/114/9.431 |45/上原健/大正製薬HD/11.7/100/8.528 |46/マルコム・ウィアー/そーせいG/11.3/134/11.892 |47/多田正世/大日本住友製薬/11.2/101/9.032 |48/ヤンホイ・フェン/エーザイ/10.6/110/10.370 |49/エドワード・S・ギリー/エーザイ/10.4/108/10.370 |50/クリス・カーギル/そーせいG/8.5/101/11.892 |※HDはホールディングス、Gはグループの略

 

(前田雄樹)

最新情報を受け取る

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

  1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. ニュース解説>
  4. 医薬品業界「役員報酬1億円以上」は50人…トップは20億円、上位5人が5億円超