1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. ニュース解説>
  4. 上場製薬会社 止まらぬ人員減…18年度は785人減少、新薬メーカー 5年で5000人減る
ニュース解説

上場製薬会社 止まらぬ人員減…18年度は785人減少、新薬メーカー 5年で5000人減る

国内の製薬会社で人員の減少が続いています。東証1部上場の主要製薬企業33社の2018年度の従業員数(単体)は前年度比785人(1.2%)減となったことが、AnswersNewsのまとめでわかりました。新薬メーカーの人員減が顕著で、5年前と比べると5000人余り減少しています。

 

大日本住友など21社で減少、第一三共が最多に

集計対象としたのは、2018年4月~18年3月に本決算を迎えた東証1部上場の主要製薬会社33社(うち4社は後発医薬品メーカー)。各社の有価証券報告書をもとに、単体と連結それぞれで従業員数を集計しました。

 

18年度の単体ベースの従業員数は33社合わせて6万6820人で、前年度から785人(1.2%)減少。33社中21社が従業員を減らしました。減少が最も大きかったのは、335人(9.8%)減の大日本住友製薬。同社は18年4月、グループの間接業務を担う子会社DSPビジネスパートナーズを設立し、本社から従業員約190人が移りました。

 

このほか減少が目立ったのは、170人減の武田薬品工業や、111人減の田辺三菱製薬、107人減の協和キリンなど。日本ケミファやゼリア新薬工業も5%を超える減少となりました。一方、第一三共は158人(2.9%)増え、武田を抜いて単体ベースでは国内最多に。小野薬品工業やツムラ、中外製薬なども増加しました。

 東証1部上場製薬会社33社の従業員数(2018年度)の表。1位:第一三共【単体】5,515人・前年比:158人(2.9パーセント)【連結】14,887人・前年比:441人(3.1パーセント)2位:武田薬品工業【単体】5,291人・前年比:マイナス170人(マイナス3.1パーセント)【連結】49,578人・前年比:22,348人(82.1パーセント)3位:中外製薬【単体】5,037人・前年比:58人(1.2パーセント)【連結】7,432人・前年比:60人(0.8パーセント)4位:アステラス製薬【単体】5,034人・前年比:マイナス89人(マイナス1.7パーセント)【連結】16,243人・前年比:マイナス374人(マイナス2.3パーセント)5位:田辺三菱製薬【単体】4,111人・前年比:マイナス111人(マイナス2.6パーセント)【連結】7,228人・前年比:41人(0.6パーセント)6位:協和キリン【単体】3,918人・前年比:マイナス107人(マイナス2.7パーセント)【連結】7,242人・前年比:マイナス290人(マイナス3.9パーセント)7位:塩野義製薬【単体】3,596人・前年比:マイナス81人(マイナス2.2パーセント)【連結】5,233人・前年比:113人(2.2パーセント)8位:小野薬品工業【単体】3,284人・前年比:85人(2.7パーセント)【連結】3,555人・前年比:75人(2.2パーセント)9位:エーザイ【単体】3,140人・前年比:マイナス32人(マイナス1.0パーセント)【連結】10,683人・前年比:227人(2.2パーセント)10位:大日本住友製薬【単体】3,067人・前年比:マイナス335人(マイナス9.8パーセント)【連結】6,140人・前年比:マイナス128人(マイナス2.0パーセント)11位:沢井製薬*【単体】2,529人・前年比:マイナス72人(マイナス2.8パーセント)【連結】3,131人・前年比:マイナス121人(マイナス3.7パーセント)12位:ツムラ【単体】2,493人・前年比:59人(2.4パーセント)【連結】3,547人・前年比:94人(2.7パーセント)13位:東和薬品*【単体】2,229人・前年比:25人(1.1パーセント)【連結】2,472人・前年比:23人(0.9パーセント)14位:参天製薬【単体】1,812人・前年比:マイナス47人(マイナス2.5パーセント)【連結】4,073人・前年比:268人(7パーセント)15位:日本新薬【単体】1,761人・前年比:8人(0.5パーセント)【連結】1,951人・前年比:23人(1.2パーセント)16位:久光製薬【単体】1,596人・前年比:1人(0.1パーセント)【連結】2,792人・前年比:マイナス31人(マイナス1.1パーセント)17位:キッセイ薬品工業【単体】1,504人・前年比:マイナス8人(マイナス0.5パーセント)【連結】1,907人・前年比:4人(0.2パーセント)18位:扶桑薬品工業【単体】1,347人・前年比:マイナス19人(マイナス1.4パーセント)【連結】―人・前年比:―人(―パーセント)19位:科研製薬【単体】1,333人・前年比:マイナス49人(マイナス3.5パーセント)【連結】1,341人・前年比:マイナス48人(マイナス3.5パーセント)20位:持田製薬【単体】1,323人・前年比:マイナス37人(マイナス2.7パーセント)【連結】1,617人・前年比:マイナス49人(マイナス2.9パーセント)21位:日医工*【単体】1,110人・前年比:マイナス13人(マイナス1.2パーセント)【連結】1,573人・前年比:13人(0.8パーセント)22位:鳥居薬品【単体】1,049人・前年比:マイナス25人(マイナス2.3パーセント)【連結】―人・前年比:―人(―パーセント)23位:ゼリア新薬工業【単体】950人・前年比:マイナス54人(マイナス5.4パーセント)【連結】1,705人・前年比:マイナス48人(マイナス2.7パーセント)24位:あすか製薬【単体】770人・前年比:マイナス16人(マイナス2.0パーセント)【連結】842人・前年比:マイナス14人(マイナス1.6パーセント)25位:富士製薬工業*【単体】740人・前年比:23人(3.2パーセント)【連結】1,511人・前年比:31人(2.1パーセント)26位:JCRファーマ【単体】613人・前年比:73人(13.5パーセント)【連結】632人・前年比:64人(11.3パーセント)27位:生化学工業【単体】514人・前年比:7人(1.4パーセント)【連結】744人・前年比:26人(3.6パーセント)28位:日本ケミファ【単体】450人・前年比:マイナス29人(マイナス6.1パーセント)【連結】846人・前年比:30人(3.7パーセント)29位:わかもと製薬【単体】334人・前年比:マイナス5人(マイナス1.5パーセント)【連結】―人・前年比:―人(―パーセント)30位:キョーリン製薬HD【単体】110人・前年比:マイナス5人(マイナス4.3パーセント)【連結】2,297人・前年比:マイナス51人(マイナス2.2パーセント)31位:大塚HD【単体】94人・前年比:8人(9.3パーセント)【連結】32,935人・前年比:118人(0.4パーセント)32位:大正製薬HD【単体】83人・前年比:マイナス9人(マイナス9.8パーセント)【連結】5,142人・前年比:マイナス1,198人(マイナス18.9パーセント)33位:ペプチドリーム【単体】83人・前年比:23人(38.3パーセント)【連結】―人・前年比:―人(―パーセント) <合計>【単体】66,820人・前年比:マイナス785人(マイナス1.2パーセント)【連結】199,279人・前年比:21,647人(12.2パーセント)<新薬29社>【単体】60,212人・前年比:マイナス748人(マイナス1.2パーセント)【連結】190,592人・前年比:21,701人(12.8パーセント)<後発品4社>【単体】6,608人・前年比:マイナス37人(マイナス0.6パーセント)【連結】8,687人・前年比:マイナス54マイナス0.6パーセント)

連結では大正製薬HDが1200人減少

連結ベースの従業員数は、子会社のない4社を除く29社合計で前年比2万1647人(12.2%)増の19万9279人。武田がシャイアー買収により2万2348人(82.1%)増えており、これが全体を押し上げました。武田を除く28社では前年度比701人(0.5%)の減少となります。

 

連結ベースで最も多く従業員を減らしたのは、1198人(18.9%)減となった大正製薬ホールディングス(HD)。同社は18年に国内グループ会社を対象に早期退職を行い、948人が応募しました。国内グループ会社の再編を行ったアステラス製薬(374人減)や協和キリン(290人減)、大日本住友(128人減)、沢井製薬(121人減)も3ケタの減少となりました。

 

上場製薬会社 5年で2900人減少、後発品は1.5倍に

上場製薬会社の単体従業員数は、13年度をピークに減少傾向が続いています。13年度と比較すると、33社全体では2903人(4.2%)減少。顕著なのは新薬メーカーで、この5年間で5248人(8.0%)減りました。企業ごとに見てみると、武田(19.6%減)やアステラス(12.9%減)、田辺三菱(15.5%減)などが10%以上減らしており、大日本住友(29.2%減)やエーザイ(21.6%減)は2割以上減少しています。

 

【単体】東証1部上場製薬会社の従業員数の推移を示した折れ線グラフ(13年度から18年度)。合計:2903人(4.2パーセント)減。新薬:5248人(8.0パーセント)減。後発品:2345人(55.0パーセント)増。

 

一方、後発医薬品メーカーは4社合わせて5年間で2345人(55.0%)増加。ただし、18年度は54人(0.6%減)と、過去5年で初めて従業員が減りました。

 

連結ベースで見てみると、連結ベースで5695人(2.9%)増加。新薬メーカーは2384人(1.3%)増え、後発品メーカーも3311人(61.6%)増加しました。シャイアー買収で従業員数が膨れた武田を除くと、全体では1万2658人(7.8%)減、新薬メーカーに限ると1万5969人(10.2%)減となります。

 

【連結】東証1部上場製薬会社の従業員数の推移

 

5社が早期退職、19年度は大幅減少か

18年度は、アステラスが約700人、エーザイが300人の早期退職を行いましたが、いずれも今年3月31日まで対象者が在籍していたため、今回の集計には反映されていません。さらに19年度は、協和キリンで296人、中外で172人(退職日は6月末)、鳥居薬品で281人(9月末)が早期退職することになっています。

 

過去5年で見ると、新薬メーカーの従業員数の減少幅が最も大きかったのは1583人減となった17年度。19年度はそれ以上に大きく減少することになるかもしれません。

 

製薬会社による最近の早期退職の表。社名:アステラス製薬・退職者数:約700人・退職日:19年3月末。社名:エーザイ・退職者数:300人・退職日:19年3月末。社名:協和キリン・退職者数:296人・退職日:19年6月末。社名:中外製薬・退職者数:172人・退職日:19年6月末。社名:鳥居薬品・退職者数:281人・退職日:19年9月末。

 

(前田雄樹)

 

最新情報を受け取る

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

  1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. ニュース解説>
  4. 上場製薬会社 止まらぬ人員減…18年度は785人減少、新薬メーカー 5年で5000人減る