1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. トピックス>
  4. 国内医薬品市場 21年7~9月期は4.2%増…「オプジーボ」約5年ぶり売り上げ首位|トピックス
トピックス

国内医薬品市場 21年7~9月期は4.2%増…「オプジーボ」約5年ぶり売り上げ首位|トピックス

更新日

IQIVIAは11月16日、2021年7~9月期の国内医療用医薬品市場が前年同期比4.2%増の2兆6404億7300万円だったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に「診断用検査薬」が4~6月期に続いて薬効別の売上高トップ10に入った。製品別では、小野薬品工業の免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」が16年10~12月期以来のトップとなった。

 

市場の内訳を見ると、▽病院(100床以上)1兆2375億400万円(前年同期比6.4%増)▽開業医(100床未満)4968億5500万円(1.0%減)▽薬局その他9061億1400万円(4.2%増)――だった。

 

【国内医療用医薬品市場/四半期成長率の推移】: 15年度1Q/7.9% |15年度2Q/7.4% |15年度3Q/10.0% |15年度4Q/9.8% |16.1Q/2.5% |16.2Q/▲2.4% |16.3Q/▲7.3% |16.4Q/▲7.2% |17.1Q/▲0.8% |17.2Q/1.0% |17.3Q/2.9% |17.4Q/0.0% |18.1Q/▲1.3% |18.2Q/▲3.5% |18.3Q/▲1.9% |18.4Q/▲0.3% |19.1Q/2.3% |19.2Q/8.9% |19.3Q/0.6% |19.4Q/0.2% |20.1Q/▲2.5% |20.2Q/▲5.1% |20.3Q/▲1.9% |20.4Q/▲1.0% |20.1Q/2.5%|※2015年4~6月期から2021年1~3月期。IQVIAの国内医薬品市場統計をもとに作成

 

製品別売上高(薬価ベースで集計)では、オプジーボが301億9900万円(7.7%増)で首位。非小細胞肺がんの1次治療や食道がんの2次治療で使用が拡大し、約5年ぶりにトップに返り咲いた。今年4~6月期まで9四半期連続トップだったMSDの免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」は295億4300万円(2.8%増)で2位。3位は武田薬品工業の抗潰瘍薬「タケキャブ」(275億5000万円、12.2%増)だった。

 

【2021年7~9月期/国内医療用医薬品売上高上位10製品】(売上高は薬価ベース)(順位/前年順位/製品名/社名/売上高(百万円)/前年比(%)): 1/キイトルーダ/MSD/31,540/13.1 |2/オプジーボ/小野薬品工業/30,668/13.3 |3/タケキャブ/武田薬品工業/27,475/13.0 |4/タグリッソ/アストラゼネカ/26,209/8.4 |5/リクシアナ/第一三共/25,764/18.7 |6/アバスチン/中外製薬/25,260/▲1.3 |7/ネキシウム/第一三共/23,204/1.9 |8/サムスカ/大塚製薬//22,847/12.2 |9/アジルバ/武田薬品工業/22,289/8.6 |10/イグザレルト/バイエル薬品/21,414/3.5 |※IQVIA医薬品市場統計をもとに作成

 

上位製品は軒並み好調で、アストラゼネカの抗がん剤「タグリッソ」や第一三共の抗凝固薬「リクシアナ」、大塚製薬の利尿薬「サムスカ」などが2ケタ増となった。

 

薬効別の売上高では、「抗腫瘍剤」が4201億3400万円(13.3%増)でトップ。2位は「糖尿病治療剤」(1576億5600万円、5.7%増)、3位は「免疫抑制剤」(1315億9900万円、11.3%増)だった。

 

新型コロナの感染拡大で今年4~6月期に初めて上位10薬効入りした「診断用検査薬」は728億400万円(39.4%増)で8位。10位となった「その他の治療を目的とする薬剤」(647億7500万円、6.2%増)は、昨年5月に発売されたアストラゼネカの高カリウム血症治療薬「ロケルマ」(454.8%増)が牽引し、薬効として初めてトップ10にランクインした。

 

【2021年7~9月期/国内医療用医薬品売上高上位10薬効】(売上高は薬価ベース)(順位/薬効名/売上高(百万円)/前年比(%)): 1/抗腫瘍剤/420,134/13.3 |2/糖尿病治療剤/157,656/5.7 |3/免疫抑制剤/131,599/11.3 |4/抗血栓症薬/106,919/3.7 |5/制酸剤、鼓腸および潰瘍治療剤/88.465/3.4 |6/眼科用剤/83.719/0.2 |7/その他の中枢神経系用剤/74,062/7.7 |8/診断用検査試薬/72,804/39.4 |9/レニン-アンジオテンシン系作用薬/68,206/▲4.4 |10/その他の治療を目的とする薬剤/64,775/6.2 |※IQVIA医薬品市場統計をもとに作成

 

AnswersNews編集部が製薬企業をレポート
小野薬品工業
武田薬品工業
第一三共
中外製薬
大塚ホールディングス(大塚製薬/大鵬薬品工業)
参天製薬

他の企業も見る

あわせて読みたい

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

オススメの記事

人気記事

メールでニュースを受け取る

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる