1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2021年3月8日)
きょうのニュース

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2021年3月8日)

更新日

 

JCRファーマ「テムセル」表皮水疱症の開発中止

JCRファーマは3月8日、再生医療等製品「テムセル」について、表皮水疱症への適応拡大に向けた開発を中止すると発表した。同社は2019年3月に同疾患への適応拡大を申請したが、医薬品医療機器総合機構(PMDA)から「有効性をより明確に示す必要性がある」との指摘を受け、同年9月に申請を取り下げた。その後もPMDAと検討を続けてきたが、新たに長期の試験が必要になるとして開発の中止を決めた。テムセルは急性移植片対宿主病治療薬として2016年から販売されている。

 

ロート製薬 JTから導入のデルゴシチニブ、ドライアイ対象にP2試験開始

ロート製薬は3月8日、眼科領域の治療薬として日本たばこ産業(JT)から導入したJAK阻害薬デルゴシチニブ(開発コード・ROH-201)について、シェーグレン症候群患者を含むドライアイ患者を対象とする前期臨床第2相(P2)試験を開始したと発表した。同薬はJTが創製。JTは昨年から、同薬をアトピー性皮膚炎に対する軟膏剤「コレクチム」として販売している。

 

武田のゴーシェ病治療薬「ビプリブ」、在宅投与が可能に

武田薬品工業は3月8日、ゴーシェ病治療用酵素製剤「ビプリブ」(一般名・ベラグルセラーゼ アルファ)について、保険医が投与できる注射薬の対象薬剤に追加されたと発表した。医師や医師の指示を受けた看護師による在宅投与が可能になる。自己注射は認められていない。

 

大正ファーマの新社長に北谷氏

大正製薬ホールディングス(HD)は3月8日、来月1日付で販売子会社である大正ファーマの代表取締役社長に北谷脩氏が就任すると発表した。藤田恵子・現社長は大正製薬の医薬マーケティング本部長に就く。北谷氏はまた、大正製薬の常務執行役員、医薬事業部門統括、医薬営業本部・医薬マーケティング本部・学術センター担当にも同日付けで就任する予定。

 

【AnswersNews編集部が製薬企業をレポート】
武田薬品工業
大正製薬ホールディングス

他の企業も見る

 

あわせて読みたい

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

オススメの記事

人気記事

メールでニュースを受け取る

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる