1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年11月16日)
きょうのニュース

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年11月16日)

 

ヤンセン、新型コロナワクチンの国内P1試験を再開

ヤンセンファーマは11月16日、中断していた新型コロナウイルス感染症ワクチンの国内臨床第1相(P1)試験を再開したと発表した。同ワクチンは先月12日、海外で行っていたP3試験で被験者に原因不明の症状が出たため、臨床試験を自主的に中断していた。症状を詳細に評価した結果、ワクチンとの関連を示すエビデンスは認められなかったといい、規制当局との協議を経て日本でのP1試験を再開した。

 

メディカゴの新型コロナワクチン、GSKのアジュバント併用でP2/3開始

田辺三菱製薬は11月16日、カナダ子会社メディカゴが開発中の新型コロナウイルス向けVLP(植物由来のウイルス様粒子)ワクチン「MT-2766」について、英グラクソ・スミスクラインのアジュバントとの併用を評価するP2/3試験を開始したと発表した。P2試験では北米で計600人に投与し、安全性と免疫原性を評価。来月中にはP3試験に入る予定で、欧米などで計3万人に投与して有効性と安全性を評価する。

 

塩野義、英アストラゼネカなどと化学合成自動化でコンソーシアム

塩野義製薬は11月16日、英ケンブリッジ大、英アストラゼネカとともに、医薬品などの化学合成を自動化・デジタル化するための研究コンソーシアムを設立したと発表した。コンソーシアムでは、▽人工知能と自動化による化学合成の加速▽化学実験のロボット化▽大規模生産へ向けた工程検討を行う人工知能アルゴリズム・ツールの開発――を重点領域として推進。医薬品の研究開発における化学合成の迅速化を目指す。

 

タカラバイオ、阪大と生殖医療分野で共同研究

タカラバイオは11月16日、大阪大と生殖医療分野での共同研究契約を結んだと発表した。同大医学部付属病院が参加する日本産婦人科学会のPGT-A(着床前胚染色体異数性検査)特別臨床研究について、阪大病院で採取された検体の遺伝子検査を行い、検査体制の構築を支援する。PGT-Aは、不妊治療などで得られた胚の一部に対して行う移植前遺伝子検査の1つ。妊娠率の向上や流産率の低下に寄与すると期待されており、同臨床研究は有用性を評価する目的で昨年10月から行われている。

 

エーザイ「フィコンパ」欧州で小児てんかんの対象年齢が拡大

エーザイは11月16日、抗てんかん薬「フィコンパ」(一般名・ペランパネル)について、欧州で対象となる小児てんかん患者の年齢が拡大されたと発表した。これまで12歳以上の患者が対象だったが、部分発作(二次性全般化発作)に対する他剤との併用療法は4歳以上に、強直間代発作に対する他剤との併用療法は7歳以上に、それぞれ変更された。

 

デンカ 新潟工場にインフルワクチンの原液製造施設

デンカは11月16日、五泉事業所(新潟県五泉市)の新潟工場内にインフルエンザワクチンの原液製造用新棟が完成したと発表した。2022年シーズンから稼働させ、供給量の増加を図る。投資金額は約160億円。

 

日本新薬・バイオジェン・サノフィ 神経筋疾患のチェックツールを共同開発

日本新薬とバイオジェン・ジャパン、サノフィの3社は11月13日、早期診断の難しい▽デュシェンヌ型筋ジストロフィー▽脊髄性筋萎縮症▽ポンペ病――の希少疾患について、保護者や保育士、教員が疾患に気づくためのチェックツールを共同で開発したと発表した。ツールは初期症状を啓発する「クイズ」と踊りながら徴候をチェックできる「ダンス」で構成。「もしかしてNMD(神経筋疾患)」と名付け、ウェブサイトなどで提供する。

 

AnswersNews編集部が製薬企業をレポート
エーザイ
田辺三菱製薬
塩野義製薬

他の企業も見る

最新情報を受け取る

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

  1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年11月16日)