1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2019年7月29日)
きょうのニュース

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2019年7月29日)

 

協和キリン 「ネスプ」AGを8月5日に発売

協和キリンは7月29日、腎性貧血治療薬「ネスプ」のオーソライズド・ジェネリック(AG)「ダルベポエチン アルファ『KKF』」を8月5日に発売すると発表した。子会社・協和キリンフロンティアが製造販売し、同社と協和キリンが情報提供活動を行う。バイオ製剤のオーソライズド・ジェネリックは国内初。ネスプをめぐっては、JCRファーマと三和化学研究所がそれぞれ、2018年9月にバイオシミラーの申請を行っている。

 

「ロンサーフ」胃がんへの適応拡大、欧州で承認勧告

大鵬薬品工業は7月29日、抗がん剤「ロンサーフ」(一般名・トリフルリジン/チピラシル)について、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品委員会(CHMP)が、進行・再発胃がんへの適応拡大の承認を勧告したと発表した。2レジメン以上の化学療法を受けた患者が対象。同薬は日米欧を中心に結腸・直腸がん治療薬として展開。胃がんでは、米国で今年2月に承認を取得しており、日本でも昨年8月に申請している。

 

大鵬薬品、クラウドファウンディングを通じてがんの課題解決を支援

大鵬薬品工業は7月29日、クラウドファンディングを活用し、がんの課題解決に取り組む団体・個人を支援すると発表した。クラウドファンディングサービスのREADYFORが提供する法人向けSDGs(持続可能な開発目標)マッチング事業に参画する。大鵬薬品はSDGsのゴールのひとつである「すべての人に健康と福祉を」の実現を目指し、9月からプロジェクトの公募を開始。総額1000万円を寄付する予定という。

 

ニプロ 後発品の原薬製造国を公開

ニプロは7月29日、自社の後発医薬品の原薬製造国を公開したと発表した。医療従事者向け情報サイトで、バルク元の国名を一覧表にして公開している。

 

大正製薬HD、20年3月期業績予想を修正…M&Aが影響

大正製薬HDは7月29日、2019年4~9月期と20年3月期通期の連結業績予想を修正したと発表した。修正後の予想は、19年4~9月期が売上高1310億円(従来予想比45億円増)、営業利益140億円(25億円減)で、通期が売上高2935億円(400億円増)、営業利益330億円(25億円減)。

ベトナム・Duoc Hau Giang Pharmaceutical JSCと仏UPSA SASの連結子会社化に伴い売り上げは増加するものの、M&A費用や為替差損などにより営業利益と経常利益は前回予想を下回った。医薬事業と国内OTC事業については予想に変更はない。

 

大日本住友 20年3月期業績予想を上方修正

大日本住友製薬は7月29日、2019年4~9月期と2020年3月期通期の連結業績予想を上方修正したと発表した。19年4~9月期の予想は売上高2285億円(従来予想比20億円増)、営業利益560億円(215億円増)。20年3月期通期は売上高4750億円(150億円増)、営業利益880億円(190億円増)を予想する。

売上高は、糖尿病治療薬「エクア」「エクメット」の販売提携を開始したことや、中国事業が好調なことを受けて上方修正。営業利益については、抗がん剤ナパブカシンの膵がんの臨床第3相試験を中止したことで費用の戻し入れが発生し、従来の予想を大幅に上回る見通し。

 

最新情報を受け取る

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

  1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2019年7月29日)