1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. ニュース解説>
  4. 【2019年版】製薬会社世界ランキング 売上高トップはロシュ、2位はファイザー―上位陣は軒並み増収
ニュース解説

【2019年版】製薬会社世界ランキング 売上高トップはロシュ、2位はファイザー―上位陣は軒並み増収

AnswersNewsが、2018年12月期(一部日本企業は19年3月期)の世界売上高が100億ドル超の製薬会社24社の業績を集計したところ、昨年初めて売上高世界一となったロシュがトップを維持。2位はファイザー、3位はスイス・ノバルティスと、トップ3は前年と同じ顔ぶれでした。

 

ロシュ 新薬が好調で7%増収

2018年に売上高で世界トップとなったのは、公表通貨ベースで前年比6.7%増の579億8300万ドル(568億4600万スイスフラン、6兆4236億円)を売り上げたスイス・ロシュでした。

 

2019年版 製薬会社売上高世界トップ10の棒グラフ。

 

ロシュは最近発売した新薬が好調。17年発売の多発性硬化症治療薬「Ocrevus」が前年比2.7倍の24億ドルとなったほか、免疫チェックポイント阻害薬「テセントリク」やALK阻害薬「アレセンサ」も50%超の伸び。主力の抗がん剤「ハーセプチン」「アバスチン」も堅調でした。

 

2位は米ファイザーで売上高は536億4700万ドル(5兆9012億円)。乳がん治療薬「イブランス」や抗凝固薬「エリキュース」などが伸長したものの、特許切れが響き2.1%の増収にとどまりました。スイス・ノバルティスは519億ドル(5兆7090億円)で3年連続の3位。乾癬治療薬「コセンティクス」や心不全治療薬「Entresto」などが売り上げを伸ばし、5.7%の増収となりました。

 

米メルクは、5.4%増の422億9400万ドル(4兆6523億円)で4位をキープ。16年から17年にかけて複数の製品の特許が切れた影響はあったものの、免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」(72億ドル、88%増)などが牽引しました。

 

J&Jとアッヴィは2ケタ増 減収続きのギリアドは10位圏外へ

6位の米ジョンソン&ジョンソンは、乾癬・クローン病治療薬「ステラーラ」や関節リウマチ治療薬「シンポニー」などが好調で、昨年から12.4%増と2ケタ増収。順位も前年から1つアップしました。世界で最も売れている医療用医薬品「ヒュミラ」の売上高が199億3600万ドル(2兆1930億円)に達した米アッヴィも16.1%増と大きく売り上げを伸ばしました。

 

上位10社が軒並み増収となる中、唯一減収となった7位の仏サノフィも、為替の影響を除くと2.5%増。順位は2つ落としたものの、スペシャリティ領域を扱うサノフィジェンザイムは85億2700万ドル(9380億円、30.8%増)まで成長しました。5位の英グラクソ・スミスクラインは前年から1ランクアップ。帯状疱疹ワクチン「シングリックス」などが堅調でした。

 

9位の米イーライリリーと10位の米アムジェンは、いずれも新製品が好調で順位を1つずつ上げています。リリーは糖尿病治療薬「トルリシティ」や乾癬治療薬「トルツ」、アムジェンは多発性骨髄腫治療薬「カイプロリス」や二次性副甲状腺機能亢進症治療薬「パーサビブ」などがそれぞれ寄与しました。

 

一方、米ギリアド・サイエンシズは、15.2%減の221億2700万ドル(2兆4340億円)と昨年に引き続き大幅な減収。CAR-T細胞治療法「Yescarta」などが伸長したものの、C型肝炎治療薬「ハーボニー」「エプクルーサ」の売り上げ減の影響で昨年から順位を3つ下げ、トップ10圏外に転落しました。

 

[全ランキング]武田 シャイアー買収で2兆円突破 ブリストル・セルジーンも大幅増

ここからは、トップ10を含む全24社のランキングです。

 

2019年度版 製薬会社世界売上高ランキングの表。社名:ロシュ(スイス)、売上高:579.83億ドル(64,236億円)、前年比:6.7パーセント、研究開発費:123.34億ドル(13,664億円)、前年比:7.1パーセント。社名:ファイザー(米)、売上高:536.47億ドル(59,012億円)、前年比:2.1パーセント、研究開発費:80.06億ドル(8,807億円)、前年比:4.2パーセント。社名:ノバルティス(スイス)、売上高:519億ドル(57,090億円)、前年比:5.7パーセント、研究開発費:91億ドル(10,010億円)、前年比:1.4パーセント。社名:メルク(米)、売上高:422.94億ドル(46,523億円)、前年比:5.4パーセント、研究開発費:97.52億ドル(10,727億円)、前年比:マイナス 5.7パーセント。社名:グラクソ・スミスクライン(英)、売上高:413億ドル(45,307億円)、前年比:2.1パーセント、研究開発費:52.17億ドル(5,723億円)、前年比:マイナス 13.0パーセント。社名:ジョンソン&ジョンソン(米)、売上高:407.34億ドル(44,807億円)、前年比:12.4パーセント、研究開発費:84.46億ドル(9,291億円)、前年比:0.6パーセント。社名:サノフィ(仏)、売上高:406.66億ドル(44,802億円)、前年比:マイナス 1.7パーセント、研究開発費:69.55億ドル(7,662億円)、前年比:7.7パーセント。社名:アッヴィ(米)、売上高:327.53億ドル(36,028億円)、前年比:16.1パーセント、研究開発費:103.29億ドル(11,362億円)、前年比:106.3パーセント。社名:イーライリリー(米)、売上高:245.56億ドル(27,011億円)、前年比:7.4パーセント、研究開発費:53.07億ドル(5,838億円)、前年比:マイナス 0.9パーセント。社名:アムジェン(米)、売上高:237.47億ドル(26,122億円)、前年比:3.9パーセント、研究開発費:37.37億ドル(4,111億円)、前年比:4.9パーセント。社名:ブリストル・マイヤーズスクイブ(米)、売上高:225.61億ドル(24,817億円)、前年比:8.6パーセント、研究開発費:63.45億ドル(6,980億円)、前年比:マイナス 2.1パーセント。社名:ギリアド・サイエンシズ(米)、売上高:221.27億ドル(24,340億円)、前年比:マイナス 15.2パーセント、研究開発費:50.18億ドル(5,520億円)、前年比:34.4パーセント。社名:アストラゼネカ(英)、売上高:220.9億ドル(24,299億円)、前年比:マイナス 1.7パーセント、研究開発費:59.32億ドル(6,525億円)、前年比:3パーセント。社名:ベーリンガーインゲルハイム(独)、売上高:206.48億ドル(22,750億円)、前年比:マイナス 3.1パーセント、研究開発費:37.34億ドル(4,113億円)、前年比:2.8パーセント。社名:バイエル(独)、売上高:197.6億ドル(21,770億円)、前年比:マイナス 0.6パーセント、研究開発費:34.14億ドル(3,761億円)、前年比:0.2パーセント。社名:武田薬品工業(日)、売上高:190.85億ドル(20,972億円)、前年比:18.5パーセント、研究開発費:33.52億ドル(3,683億円)、前年比:13.2パーセント。社名:テバ(イスラエル)、売上高:188.54億ドル(20,739億円)、前年比:マイナス 15.8パーセント、研究開発費:12.13億ドル(1,334億円)、前年比:マイナス 31.8パーセント。社名:ノボ ノルディスク(デンマーク)、売上高:167.75億ドル(20,130億円)、前年比:0.1パーセント、研究開発費:22.21億ドル(2,665億円)、前年比:5.6パーセント。社名:アラガン(アイルランド)、売上高:157.87億ドル(17,366億円)、前年比:マイナス 1.0パーセント、研究開発費:22.66億ドル(2,493億円)、前年比:7.9パーセント。社名:セルジーン(米)、売上高:152.81億ドル(16,809億円)、前年比:17.5パーセント、研究開発費:56.73億ドル(6,240億円)、前年比:マイナス 4.1パーセント。社名:バイオジェン(米)、売上高:134.53億ドル(14,798億円)、前年比:9.6パーセント、研究開発費:25.97億ドル(2,857億円)、前年比:15.2パーセント。社名:アステラス製薬*5(日)、売上高:118.87億ドル(13,063億円)、前年比:0.5パーセント、研究開発費:18.99億ドル(2,087億円)、前年比:マイナス 5.5パーセント。社名:大塚HD*5(日)、売上高:117.57億ドル(12,920億円)、前年比:4.2パーセント、研究開発費:19.67億ドル(2,161億円)、前年比:23.1パーセント。社名:マイラン(米)、売上高:114.34億ドル(12,577億円)、前年比:マイナス 4.0パーセント、研究開発費:7.05億ドル(776億円)、前年比:マイナス 10.1パーセント。

 

武田薬品工業は、19年1月に完了したシャイアー買収により18.5%と大幅増収。売上高は190億8474万ドルとなり、日本円で2兆円を突破しました。シャイアーの業績が加わったことで売上高に3092億円のプラス影響があったほか、潰瘍性大腸炎治療薬「エンティビオ」なども貢献し、順位は前年19位から3つ上昇しました。

 

このほか、前年から大きく増収となったのは、買収による統合を控える20位の米セルジーン(17.5%増)と11位の米ブリストル・マイヤーズスクイブ(8.6%増)。セルジーンは多発性骨髄腫治療薬「レブラミド」、ブリストルも免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」や抗凝固薬「エリキュース」の販売が好調。21位のバイオジェンも10%近く売り上げを伸ばしました。

 

イスラエル・テバは多発性硬化症治療薬「コパキソン」の特許切れなどで15.8%の減収となり、17位にランクダウン。13位の英アストラゼネカや14位の独ベーリンガーインゲルハイム、15位の独バイエル、24位のマイランは売り上げを落としました。

 

武田以外の日本企業では、アステラス製薬が118億8700万ドル(1兆3063億円)で22位、大塚ホールディングスは117億5700万ドル(1兆2920億円)で23位となりました。

 

研究開発費 ロシュとアッヴィが100億ドル超

2019年度版 製薬会社研究開発費世界トップ10の棒グラフ。

 

研究開発費が最も多かったのは前年に引き続きロシュで、その額は123億3400万ドル(1兆3664億円)。アッヴィは前年の2倍以上となる103億2900万ドル(1兆1362億円)を投資しました。3位は97億5200万ドル(1兆727億円)で米メルク、4位は91億ドル(1兆10億円)でノバルティスでした。

 

売上高に対する研究開発費の比率はセルジーンが37.1%でトップ。アッヴィ(31.5%)やブリストル(28.1%)、アストラゼネカ(26.9%)も売上高の4分の1以上を研究開発に投じました。

 

19年も首位はロシュ予想 大型買収でトップ10の顔ぶれに変化か

2019年は、ロシュが1桁台前半から半ばの売上高成長を予想。追うファイザーは520~540億ドルと微減から横ばいの予想のため、ロシュが3年連続でトップを維持する可能性が高そうです。ノバルティスは売上高で1桁台半ばの成長を見込み、メルクは売上高439~451億ドル(3.8~6.6%増)を予想しています。

 

買収したシャイアーの業績が通年で寄与する武田は、売上高300億3000万ドル(3兆3000億円、57.4%増)を予想。ブリストルもセルジーン買収が予定通り完了すれば、武田とともにトップ10に食い込みそうです。

 

米国で喘息・COPD治療薬「アドエア」に後発医薬品が参入したグラクソ・スミスクラインは、1株当たり利益の成長率が5~9 %減と予想。テバは170~174億ドル(7.9~10.1%減)を見込むほか、アステラスやアムジェンも減収となる見通しです。

 

(亀田真由)

 

  1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. ニュース解説>
  4. 【2019年版】製薬会社世界ランキング 売上高トップはロシュ、2位はファイザー―上位陣は軒並み増収