1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. ニュース解説>
  4. ライバルたちが明らかにする「ADUHELM」承認の妥当性
ニュース解説

ライバルたちが明らかにする「ADUHELM」承認の妥当性

更新日

ロイター通信

[ロイター]来年以降、発表が見込まれる3つのアルツハイマー病治療薬候補の臨床試験データは、有効性に関する明確なエビデンスがないままバイオジェンの「ADUHELM」(一般名・アデュカヌマブ)を承認した米FDA(食品医薬品局)の判断が妥当だったかどうか、明らかにする手助けになるだろう。

 

FDAは6月7日、諮問委員会の反対を押し切ってADUHELMを承認した。FDAはバイオジェンに対し、同薬が本当にアルツハイマー病の進行を遅らせることができるのか、確認するための試験を実施するよう要求しているが、このプロセスには数年かかる。

 

3つの薬剤が開発の後期段階に

一方、▽donanemab(イーライリリー)▽gantenerumab(ロシュ)▽lecanemab(エーザイ/バイオジェン)――という類似した作用を持つ3つの治療薬候補は、ADUHELMの検証試験より早く、後期臨床試験のデータが得られる予定だ。これらのデータにより、医学界はADUHELMの有効性についてより良い判断を下すことができるだろう。

 

ADUHELMは、アルツハイマー病の進行を遅らせるというエビデンスではなく、アルツハイマー病の原因と考えられる脳内のプラークを除去する作用に基づいて承認された。FDAはプラークの除去が患者にベネフィットをもたらすと主張しているが、多くの専門家は懐疑的だ。

 

ミシガン大アルツハイマー病センターの神経内科医であるヘンリー・ポールソン博士は「アミロイドβを減らすことが臨床的な効果につながるというエビデンスは、今のところないと思う。別の抗アミロイドβ療法に関する研究で明確な臨床効果が示されれば、ADUHELMの使用継続について大きな安心感が得られるだろう」と話す。

 

4つの薬剤はいずれも、アミロイドβと呼ばれるタンパク質のプラークが脳内に蓄積するのを抑えることを目的とした抗体医薬だ。開発段階にある3つの治療薬候補は、これまでのところ臨床試験で良好なデータを示しており、将来、ADUHELMの競合となる可能性がある。

 

ADUHELMの2つの大規模臨床試験では、片方は有効性を示し、もう片方は失敗するという矛盾したデータが得られた。FDAは、バイオジェンが臨床上のベネフィットを証明するための検証試験を行うことを条件に、ADUHELMを迅速承認プログラムで承認した。

 

FDAの担当者によると、ほかのアルツハイマー病治療薬候補が自動的に迅速承認プログラムの対象になるわけではないという。FDA医薬品評価研究センターのパトリツィア・カバゾーニ所長はロイターに対し、「今回の対応が、ほかのアルツハイマー病治療薬やアルツハイマー病以外の神経変性疾患治療薬に道を開くかについては、今はまだ言えない」と話した。

 

「好むと好まざるとにかかわらず前例になる」

専門家は、今回のFDAの判断が将来の医薬品をめぐる状況に変化をもたらすと指摘する。

 

ジョンズ・ホプキンス大教授で、ADUHELMを審査した諮問委のメンバーであるケイレブ・アレキサンダー博士(公衆衛生学)は「FDAが好むと好まざるとにかかわらず、ADUHELMは前例になる」と話す。アレキサンダー氏は諮問委にとどまっているが、ほかの委員3人が承認に抗議して辞任した。アレキサンダー氏は「だからといって、アミロイドβを低下させる次の薬が確実に承認されるとは言わない」と述べている。

 

当面、バイオジェンは市場を独占することになるだろうが、アナリストらは、将来ライバルとなる可能性がある薬剤の動向を注視している。

 

レイモンド・ジェームズの医療政策アナリスト、クリス・ミーキンス氏は「もしほかの薬が登場し、それが副作用が少ないとか、データが少しでも優れているといったことになれば、バイオジェンの地位は危うくなるかもしれない」と言う。

 

エーザイは、早期アルツハイマー病患者を対象としたlecanemabの18カ月間の臨床第3相(P3)試験で患者登録を完了した。同薬はさらに、無症状期の患者を対象とした大規模試験でも有効性・安全性が検討されている。

 

ロシュのgantenerumabは来年、2つのグローバルな後期試験のデータが得られる見込み。イーライリリーは今年3月、donanemabの中間試験で有望な結果を発表し、大規模な試験に移る予定だ。

 

ADUHELMの承認に抗議してFDA諮問委を辞任したメイヨークリニックの神経学者デービッド・ノップマン博士は「これらの薬剤が中間試験までの有望な結果を再現することができれば、承認の可能性はかなり高いと考えている」と話している。

 

(Deena Beasley/Julie Steenhuysen、翻訳:AnswersNews)

 

AnswersNews編集部が製薬企業をレポート
エーザイ

他の企業も見る

あわせて読みたい

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

オススメの記事

人気記事

メールでニュースを受け取る

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる