1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. トピックス>
  4. 「リベルサス」「ジセレカ」「アキャルックス」など新薬9成分 11月18日に薬価収載|トピックス
トピックス

「リベルサス」「ジセレカ」「アキャルックス」など新薬9成分 11月18日に薬価収載|トピックス

中央社会保険医療協議会(中医協)総会は11月11日、ノボノルディスクファーマの糖尿病治療薬「リベルサス錠」やギリアド・サイエンシズの関節リウマチ治療薬「ジセレカ錠」、楽天メディカルジャパンの抗がん剤「アキャルックス点滴静注」など新薬9成分21品目の薬価収載を了承した。11月18日に収載する。

 

ピーク時売上高 リベルサス116億円、ジセレカ258億円

「リベルサス錠」(一般名・セマグルチド)は、国内初の経口GLP-1受容体作動薬。今年6月に承認を取得したが、8月の収載は見送られていた。薬価は同成分の注射薬「オゼンピック」を比較薬とする類似薬効比較方式Iで算定。剤形間比で注射薬の約7割とした上で、有用性加算II(5%)を適用し、外国平均価格調整による引き下げも行われた。ピーク時の売上高は116億円を見込む。

 

「ジセレカ錠」(フィルゴチニブマレイン酸塩)は、関節リウマチに対する5つ目のJAK阻害薬。類似薬効比較方式IIで薬価算定され、過去10年間に収載された類似薬の平均に合わせて1日薬価を4972.80円とした。ピーク時の予測売上高は258億円。

 

「アキャルックス点滴静注」(セツキシマブ サロタロカンナトリウム)は、光化学反応によってがん細胞を破壊する薬剤で、適応は頭頸部がん。薬価は原価計算方式で算定され、先駆け審査指定制度加算(10%)と有用性加算(5%)がついた。

 

2剤目のPARP阻害薬「ゼジューラ」や4剤目のHIF-PH阻害薬「エナロイ」も

このほか、11月18日に薬価収載されるのは、
▽腎性貧血治療薬「エナロイ錠」(エナロデュスタット)=日本たばこ産業
▽抗がん剤「ゼジューラカプセル」(ニラパリブトシル酸塩水和物)=武田薬品工業
▽てんかん重積状態治療薬「ブコラム口腔用液」(ミダゾラム)=同
▽原発性腋窩多汗症治療薬「エクロックゲル」(ソフピロニウム臭化物)=科研製薬
――など。

 

エナロイは国内4つ目のHIF-PH阻害薬で、ピーク時に15億円の売り上げを予想。国内2剤目のPARP阻害薬ゼジューラは196億円の市場を見込む。

 

ブコラムには、有用性加算II(5%)と市場性加算I(10%)を適用。外国平均価格調整による引き上げも行われた。8月の薬価収載を見送っていた帝人ファーマのA型ボツリヌス毒素製剤「ゼオマイン筋注用」も収載される。

 

新薬創出加算の対象となったのは、リベルサスとゼジューラ、アキャルックス、ブコラムの4成分。リベルサスは費用対効果評価の対象となった。

 

 

最新情報を受け取る

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

  1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. トピックス>
  4. 「リベルサス」「ジセレカ」「アキャルックス」など新薬9成分 11月18日に薬価収載|トピックス