1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年8月31日)
きょうのニュース

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年8月31日)

 

米モデルナ、新型コロナワクチン供給で厚労省と協議

米モデルナは8月28日、新型コロナウイルスワクチン「mRNA-1237」の供給に向けて厚生労働省と協議していると明らかにした。2021年前半から4000万回分以上を供給する方向で交渉しており、国内での流通は武田薬品工業が行う予定。同ワクチンはmRNAワクチンで、現在、米国で臨床第3相(P3)試験が行われている。

 

富士フイルム富山化学、神経内分泌腫瘍治療薬を申請

富士フイルム富山化学は8月31日、膵臓・消化管・肺の神経内分泌腫瘍治療薬「F-1515」(一般名・ルテチウムオキソドトレオチド 〈177Lu〉)を申請したと発表した。同薬はスイス・ノバルティス傘下のアドバンスト・アクセラレーター・アプリケーションズ(AAA)から導入した治療用放射性医薬品で、放射性リガンド療法の1つであるペプチド受容体放射性核種療法に使用される。F-1515とあわせて、併用する輸液「F-1520」(L-リシン塩酸塩、L-アルギニン塩酸塩)も申請した。

 

 エムスリーと武田、リモートディテーリングサービスを共同開発

エムスリーは8月31日、武田薬品工業とリモートディテーリングサービス「T-MR君」を共同で開発し、導入すると発表した。エムスリーの「my MR君」をベースに、双方向で個別化された情報提供を行うプラットフォームを構築。プライマリーケア製品を扱う武田の「ジェネラルメディスンビジネスユニット(GMBU)」のMRが対象となる。

 

ビオフェルミンの医療用医薬品、武田の販売を年内で終了

大正製薬ホールディングスは8月31日、子会社のビオフェルミン製薬が製造販売する医療用医薬品について、武田薬品工業を通じた販売を今年12月末で終了すると発表した。大正製薬とビオフェルミン製薬は2013年、製品の独占的販売契約を結ぶとともに、国内での販売権を武田に付与。14年から武田が販売を行ってきたが、来年1月からは大正製薬が全製品の販売を行う。

 

サノフィ、多発性骨髄腫治療薬「サークリサ」発売

サノフィは8月31日、再発・難治性多発性骨髄腫治療薬「サークリサ」(イサツキシマブ)を発売したと発表した。同薬は抗CD38抗体で、ポマリドミド、デキサメタゾンと併用する。薬価は100mg5mL1瓶6万4699円、500mg25mL1瓶28万5944円。ピーク時の売上高予測は45億円。

 

鉄欠乏性貧血治療薬「フェインジェクト」9月1日に発売

ゼリア新薬工業は8月31日、鉄欠乏性貧血治療薬「フェインジェクト」(カルボキシマルトース第二鉄)を9月1日に発売すると発表した。同薬はスイス・ビフォーファーマが開発したデキストラン非含有の鉄剤で、日本では昨年3月に承認。含糖酸化鉄に続く2剤目の静注鉄剤で、週1回の投与で済むため、患者負担を軽減すると期待される。薬価は500mg10mL1瓶6078円で、ピーク時に18億円の売り上げを見込む。

 

日立、再生医療の情報管理プラットフォーム構築…アルフレッサが来年運用開始

日立製作所は8月31日、アルフレッサや製薬企業、医療機関とともに再生医療等製品の情報管理プラットフォームを構築し、アルフレッサをファーストユーザーの1社として来年から運用を開始すると発表した。同プラットフォームは、細胞の採取から生産、輸送、投与までのバリューチェーン全体で品質情報を追跡管理するもので、医療機関や製薬・物流・製造企業など全ステークホルダーが利用できる共通サービス基盤。データを一元管理でき、コストの軽減につながると期待されている。

 

最新情報を受け取る

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

  1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年8月31日)