1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年6月8日)
きょうのニュース

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年6月8日)

更新日

 

日医工・第一三共など ナファモスタットの吸入製剤を共同開発

日医工、第一三共、東京大、理化学研究所は6月8日、新型コロナウイルス感染症を対象に、タンパク分解酵素阻害薬ナファモスタットの吸入製剤を共同で研究開発すると発表した。ナファモスタットは、新型コロナウイルス感染症の原因ウイルスSARS-CoV-2の細胞内への侵入を阻止する可能性があるとされる。日医工が点滴静注剤(製品名・フサン)の臨床データや原薬を提供し、第一三共が吸入製剤化を進める。今年7月に非臨床試験を始める予定で、来年3月までの臨床試験開始を目指す。

 

サノフィ「ソリクア」発売、インスリンとGLP-1受容体作動薬の配合剤

サノフィは6月8日、2型糖尿病治療薬「ソリクア」(一般名・インスリン グラルギン/リキシセナチド)を発売したと発表した。同薬は基礎インスリン製剤「ランタス」とGLP-1受容体作動薬「リキスミア」を日本独自の比率で配合した皮下注製剤。薬価は1キット6497円で、ピーク時に32億円を見込む。インスリンとGLP-1受容体作動薬の配合剤は、昨年9月に発売されたノボノルディスクファーマの「ゾルトファイ」に続いて2剤目。

 

アステラス エムスリーのリモートディテーリングサービスを導入

エムスリーは6月8日、アステラス製薬のMRがエムスリーのリモートディテーリングサービス「my MR君」を使った情報提供を始めたと発表した。my MR君は、エムスリーが運営する医療従事者専門サイト「m3.com」上でMRが医師と直接コンタクトできるプラットフォーム。エムスリーによると、同サービスはすでに20社以上が導入済みか導入準備中で、利用MR数は前年の約4倍に増えているという。

 

楽天メディカル、米MDアンダーソンがんセンターと戦略提携

楽天メディカルは6月5日、米テキサス大MDアンダーソンがんセンターと、光免疫療法に基づく新たながん治療法の共同開発で戦略的アライアンス契約を結んだと発表した。まずは頭頸部がんを対象に、共同開発を進める。楽天メディカルは現在、光免疫療法「ASP-1929」の頭頸部がんを対象とする臨床第3相(P3)試験を行っており、MDアンダーソンも実施施設の1つ。

 

ニプロ、再生医療の研究開発・製造施設が完成

ニプロは6月5日、再生医療の研究開発と製造を行う新施設「東京CPF」(東京都羽村市)が完成したと発表した。延床面積は約3万5500平方メートルで、脊髄損傷に対する再生医療等製品「ステミラック」も製造する。

 

PRISM BioLab、独BIに化合物ライブラリー提供

創薬ベンチャーのPRISM BioLabは6月8日、独ベーリンガーインゲルハイム(BI)と複数の創薬ターゲットに関する研究・ライセンス契約を結んだと発表した。タンパク質間相互作用を制御するPRISM独自のペプチド模倣技術を使った低分子化合物ライブラリーをBIに提供し、BIの創薬ターゲットにヒットした化合物のライセンスを許諾する。契約に基づき、PRISMはライセンス料や研究・開発マイルストン、売上高に応じたロイヤリティを受け取る。

 

あわせて読みたい

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

オススメの記事

人気記事

メールでニュースを受け取る

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる