1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. トピックス>
  4. 国内医薬品市場 19年度は2.9%増…2年ぶりプラス成長|トピックス
トピックス

国内医薬品市場 19年度は2.9%増…2年ぶりプラス成長|トピックス

IQVIAは5月26日、2019年度(19年4月~20年3月)の国内医療用医薬品市場が前年度比2.9%増の10兆6294億1800万円となったと発表した。国内市場が会計年度でプラス成長となるのは2年ぶり。19年10月に消費税率引き上げに伴う薬価改定があったものの、抗がん剤の新薬などが販売を拡大し、市場を押し上げた。製品別では、MSDの免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」が会計年度で初の売り上げトップとなった。

 

20年1~3月期は0.2%増

国内市場が会計年度で10兆円を上回ったのは5年連続。市場の内訳を見ると、▽病院(100床以上)4兆7925億4200万円(前年度比5.4%増)▽開業医(100床未満)2兆1117億1300万円(0.5%増)▽薬局その他(主に調剤薬局)3兆7251億6300万円(1.2%増)――。3市場すべてで前年度を上回ったのも2年ぶりだ。

 

【国内医療用医薬品市場の推移】→グラフの数値あってる…? 2015年度/10.84兆円 |2016年度/10.43兆円 |2017年度/10.52兆円 |2018年度/10.33兆円 |2019年度/10.63兆円 |※IQVIA医薬品市場統計をもとに作成

 

20年1~3月期の市場は2兆4915億1100万円(前年同期比0.2%増)。19年度は4~6月期が2.3%増、7~9月期が8.9%増と堅調に推移していたが、10~12月期は0.6%増と後半に成長が鈍化した。

 

【国内医療用医薬品市場 四半期成長率の推移】(1Q/2Q/3Q/4Q) <15年度>7.9/7.4/10.0/9.8 |<16年度>2.5/▲2.4/▲7.3/▲7.2 |<17年度>▲0.8/1.0/2.9/0.0 |<18年度>▲1.3/▲3.5/▲1.9/▲0.3 |<19年度>2.3/8.9/0.6/0.2 |※2015年4~6月期から2020年1~3月期※IQVIAの国内医薬品市場統計を元に作成

 

キイトルーダ 売り上げは1358億円

19年度の製品別売上高は、MSDの免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」が前年度比55.2%増となる1358億700万円を売り上げ、会計年度で初の年間トップとなった。2位は中外製薬の抗がん剤「アバスチン」(1178億3300万円、0.4%減)、3位はファイザーの疼痛治療薬「リリカ」(1007億7200万円、0.0%増)だった。

 

【2019年度/国内医療用医薬品売上高上位10製品】(集計期間:2019年4月~2020年3月・売上高は薬価ベース/)(順位/前年/製品名/社名/売上高(百万円)/前年比(%)): 1/6/キイトルーダ/MSD/135,807/55.2 |2/1/アバスチン/中外製薬/117,833/▲0.4 |3/4/リリカ/ファイザー/100,772/0.0/ |4/3/オプジーボ/小野薬品工業/98,445/▲3.0 |5/9/リクシアナ/第一三共/95,240/28.0 |6/5/ネキシウム/第一三共/94,286/2.6 |7/10/タケキャブ/武田薬品工業/88,196/24.6 |8/―/タグリッソ/アストラゼネカ/85,755/73.2 |9/―/サムスカ/大塚製薬/81,241/23.6 |10/8/イグザレルト/バイエル薬品/76,780/3.2 |※IQVIA医薬品市場統計をもとに作成

 

キイトルーダのほかに前年度から2ケタ成長となったのは、5位の抗凝固薬「リクシアナ」や7位の抗潰瘍薬「タケキャブ」、8位の抗がん剤「タグリッソ」、9位の利尿薬「サムスカ」。一方、小野薬品工業の免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」は984億4500万円で、前年度から3.0%の売り上げ減となった。

 

アストラゼネカが急成長

販売会社レベル(卸に製品を販売し、その代金を回収する機能を持つ企業)の売上高では、武田薬品工業がトップ。2位は第一三共、3位はファイザーと上位3社は前年度と同じで、中外製薬が順位を1つ上げて4位に食い込んだ。

 

販促会社レベル(MRによる学術宣伝を通じて販促活動を行っている企業。2社以上ある場合はよりオリジネーターに近い企業)では、ファイザーが首位。2位は中外製薬で、3位には昨年4位だった武田薬品工業がランクインした。

 

タグリッソが好調なアストラゼネカは2ケタ成長となり、いずれのランキングでも順位を上げた。販売会社レベルでは56.3%の増収となり、前年度19位から12位にランクアップ。販促会社レベルでは20.4%の増収で5位に入った。

 

【2019年度/国内医療用医薬品売上高上位20社】(集計期間:2019年4月~20120年3月・売上高は薬価ベース)(順位/前年/製品名/社名/売上高(百万円)/前年比(%)):<販売会社レベル> 1/武田薬品工業/719,161/3.7 |2/第一三共/667,260/3.2 |3/ファイザー/518,938/2.0 |4/中外製薬/514,166/8.6 |5/アステラス製薬/445,894/▲8.2 |6/大塚製薬/384,546/8.2 |7/MSD/376,331/8.7 |8/田辺三菱製薬/348,366/6.3 |9/GSK/293,751/2.2 |10/ノバルティス/281,728/▲5.9 |11/日本イーライリリー/277,286/3.3 |12/アストラゼネカ/257,934/56.3 |13/小野薬品工業/243,965/▲0.6 |14/バイエル薬品/233,453/0.6 |15/協和キリン/214,858/▲3.7 |16/エーザイ/204,340/0.2 |17/日医工/200,664/24.4 |18/参天製薬/182,235/5.6 |19/ヤンセンファーマ/178,948/0.9 |20/沢井製薬/175,988/2.5 |<販促会社レベル> 1/ファイザー/565,121/▲0.6 |2/中外製薬/515,038/8.6 |3/武田薬品工業/501,572/9.6 |4/第一三共/440,538/▲1.7 |5/アストラゼネカ/385,249/20.4 |6/MSD/379,750/10.1 |7/ノバルティス/328,326/▲0.1 |8/日本イーライリリー/322,722/5.7 |9/大塚製薬/317,651/7.0 |10/バイエル薬品/315,122/2.9 |11/GSK/277,566/2.8 |12/ヤンセンファーマ/274,183/7.1 |13/田辺三菱製薬/264,743/▲3.1 |14/アステラス製薬/232,589/▲2.5 |15/小野薬品工業/201,140/▲4.1 |16/サノフィ/198,406/10.5 |17/日医工/197,577/▲0.2 |18/日本BI/191,093/1.4 |19/ブリストル/178,113/5.6 |20/沢井製薬/175,988/2.4 |※販売会社…卸に製品を販売し、その代金を回収する機能を持つ企業 |※/販促会社…MRによる学術宣伝を通じて販促活動を行っている企業 |※企業名は一部省略。IQVIA医薬品市場統計をもとに作成

あわせて読みたい

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

  1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. トピックス>
  4. 国内医薬品市場 19年度は2.9%増…2年ぶりプラス成長|トピックス

オススメの記事

人気記事