1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2019年9月9日)
きょうのニュース

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2019年9月9日)

 

第一三共  抗HER2 ADCトラスツズマブ デルクステカンを日本で申請

第一三共は9月9日、抗HER2抗体薬物複合体(ADC)トラスツズマブ デルクステカン(開発コード・DS-8201)について、HER2陽性乳がんの適応で国内申請を行ったと発表した。申請は、T-DM1(ロシュの抗HER2 ADC「カドサイラ」)による治療歴のある患者を対象とした臨床試験結果に基づく。米国では提携先の英アストラゼネカが同適応での申請を準備中。HER2低発現乳がん、胃がん、大腸がんなどでも開発を進めている。

 

アルナイラム、日本初のsiRNA核酸医薬「オンパットロ」発売

アルナイラム・ジャパンは9月9日、トランスサイレチン(TTR)型家族性アミロイドポリニューロパチー治療薬「オンパットロ」(一般名・パチシラン)を発売したと発表した。同薬は国内初のsiRNA核酸医薬。疾患の原因であるTTRタンパク質をコードするmRNAの発現を抑制することで、TTRタンパク質の産生を阻害する新規作用機序を持つ。薬価は8.8mg4.4mL1瓶98万6097円(1日薬価8万40円)。ピーク時に89億円の売り上げを見込む。欧米でも承認済み。

 

EAファーマ、精神・神経医療研究センターから「OCH-NCNP1」を導入

EAファーマは9月6日、国立精神・神経医療研究センターが開発中の「OCH-NCNP1」を導入したと発表した。同薬の全世界・全適応症での独占的な開発・製造・販売権を獲得し、NCNPに契約一時金とマイルストン、ロイヤリティを支払う。

同薬は海綿に寄生する細菌が産生する糖脂質構造を修飾した化合物。免疫の恒常性維持に有効とされ、慢性疾患の炎症に対する効果が期待されている。これまでに多発性硬化症に対する医師主導臨床第1相(P1)治験を終えたほか、クローン病で医師主導のP1/2試験が行われている。

 

肺がん領域の抗がん剤市場、23年ピークに減少へ…富士経済予測

富士経済は9月6日、国内の肺がん領域の抗がん剤市場が2027年に18年比10.5%増の3175億円になるとの予測を発表した。免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」「テセントリク」「イミフィンジ」やEGFR阻害薬「タグリッソ」の販売増加で当面は拡大基調が続くが、免疫チェックポイント阻害薬の薬価引き下げなどにより、23年をピークに縮小に転じるとしている。

腎がんの市場も新薬の登場で活性化が期待され、27年に634億円(18年比9.7%増)に達するが、肺がんと同様の理由で22年をピークに減少する見通し。一方、皮膚がんは27年に256億円(98.4%増)、女性関連がん(子宮がん、卵巣がんなど)は347億円(97.2%増)を予測。新薬の継続的な発売で市場は拡大する見込み。

 

最新情報を受け取る

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

  1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2019年9月9日)