1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2019年7月2日)
きょうのニュース

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2019年7月2日)

 

大日本住友、ナパブカシンの膵がんP3を中止

大日本住友製薬は7月2日、開発中の抗がん剤ナパブカシン(開発コード・BBI608)ついて、膵がんを対象に行っていた臨床第3相(P3)試験を中止すると発表した。独立データモニタリング委員会が、事前に定められた無益性基準に該当するとして中止を勧告した。ナパブカシンは現在、結腸・直腸がんでもP3試験を実施中。

 

武田  ドライアイ薬、ノバルティスへの譲渡完了

武田薬品工業は7月2日、ドライアイ治療薬「Xiidra」のスイス・ノバルティスへの譲渡が完了したと発表した。一時金34億ドルを受け取るとともに、今後、追加で最大19億ドルのマイルストンを受け取る可能性がある。武田は譲渡で得た資金を、シャイアー買収による債務負担の軽減に充てる。

 

大正製薬、仏UPSAの買収完了

大正製薬ホールディングスは7月2日、子会社・大正製薬が、米ブリストル・マイヤーズスクイブの仏子会社UPSAの買収手続きを完了したと発表した。買収額は15億6600万ドル(約1695億円)。大正製薬はUPSAの完全子会社化により、欧州でのOTC(一般用医薬品)の販売を強化する。

 

富士フイルム  他家iPS細胞でがん免疫療法開発、米国に新会社

富士フイルムは7月1日、他家iPS細胞を使ったがん免疫療法を開発するため、米フィラデルフィアに新会社Century Therapeuticsを設立したと発表した。

新会社は、富士フイルム子会社のフジフイルム・セルラー・ダイナミクスと、米ベンチャーキャピタルのVersant Venture Managementが共同で設立。他家iPS細胞を使い、CAR-T細胞療法のほか、CARを導入したNK細胞やマクロファージによるがん免疫療法の創出を目指す。開発には独バイエルも参加し、開発費用を拠出する。

 

スズケン「バイクロット」緊急物流を全国展開

スズケンは7月1日、KMバイオロジクスの血友病治療薬「バイクロット」の緊急物流を全国展開すると発表した。2018年7月から北海道、関東、中部、近畿、九州の30都道府県で順次開始しており、同日から全国47都道府県で緊急物流の体制が整った。

バイクロットは後天性血友病の治療薬。スズケンは全国の卸物流拠点でバイクロットを保管・管理し、24時間365日対応可能な「メディカルコンタクトセンター」を活用することで、夜間や休日でも医療機関に迅速に届けることを可能にした。

 

最新情報を受け取る

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

  1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2019年7月2日)