1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2019年6月3日)
きょうのニュース

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2019年6月3日)

 

中外、アレセンサの適応拡大申請―ALK陽性の未分化大細胞リンパ腫

中外製薬は6月3日、ALK阻害薬「アレセンサ」(一般名・アレクチニブ)について、再発または難治性のALK融合遺伝子陽性の未分化大細胞リンパ腫(ALK陽性ALCL)への適応拡大を申請したと発表した。同薬は日本で2014年にALK陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんの適応で発売。ALK陽性ALCLでは、5月30日付で希少疾病用医薬品に指定されている。

 

久光 あすかの「メノエイドコンビパッチ」の製造販売承認を承継

久光製薬は6月3日、あすか製薬が製造販売を行う経皮吸収卵胞・黄体ホルモン製剤「メノエイドコンビパッチ」(エストラジオール/酢酸ノルエチステロン)について、同社から製造販売承認を承継すると発表した。9月1日以降、久光が同薬の製造販売元として情報提供・収集活動と供給を行う。

 

中外 がん遺伝子パネル検査「FoundationOne」発売、検査受託も開始

中外製薬は6月3日、がん遺伝子パネル検査「FoundationOne CDx がんゲノムプロファイル」を発売し、提携先のエスアールエルが検査の受託を開始したと発表した。FoundationOneは6月1日付で保険適用されており、中外はピーク時に年間使用患者数1万3532人、年間販売額75億円を予想している。

 

武田、グローバルファンドに10億円を拠出

武田薬品工業は6月3日、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド、スイス・ジュネーブ)の第6次増資にあわせ、5年間で計10億円の資金を拠出すると発表した。武田は資金の拠出を通じ、アフリカ数カ国で産前・産後検診にHIV、結核、マラリアの対策を統合することで、母子の健康改善を支援することを目指す。

 

シミックCMO、アステラス・ファーマ・テック西根工場の譲受完了

シミックホールディングスは6月3日、子会社シミックCMOによるアステラス ファーマ テック西根工場の事業承継が完了したと発表した。西根工場は「シミックCMO西根」としてシミックCMOの子会社となり、医薬品の製造を担う。

 

ヤンセン、前立腺がん治療薬「アーリーダ」の適応拡大を申請

ヤンセンファーマは5月31日、前立腺がん治療薬「アーリーダ」(アパルタミド)について、転移性去勢感受性前立腺がんへの適応拡大を申請したと発表した。同薬は「遠隔転移のない去勢抵抗性前立腺がん」の適応で今年5月に発売している。

 

最新情報を受け取る

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

  1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2019年6月3日)