1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. ニュース解説>
  4. 【2019年4月版】製薬大手 抗がん剤パイプライン(4)アストラゼネカ・ブリストル・バイエル
ニュース解説

【2019年4月版】製薬大手 抗がん剤パイプライン(4)アストラゼネカ・ブリストル・バイエル

市場拡大が著しく、開発競争も熾烈ながん領域。製薬大手の抗がん剤の開発パイプラインをまとめました(全5記事。この記事は半年をめどに更新していく予定です)。

 

パイプラインは調査時点で各社がホームページで公表していた情報に基づく。いつ時点の情報かは会社によって異なるため、承認・申請など直近のイベントが反映されていない場合もある。

 

英アストラゼネカ

CancerPipeline4_AstraZeneca1904

 

免疫チェックポイント阻害薬の抗PD-L1抗体デュルバルマブ(製品名・イミフィンジ)は、抗CTLA-4抗体tremelimumabやPARP阻害薬オラパリブ(リムパーザ)、CXCR2阻害薬AZD5069など、さまざまな薬剤との併用療法を中心に開発。抗PD-1抗体MEDI0680との組み合わせも臨床第2相(P2)試験が行われています。

 

オラパリブは、BRCA遺伝子変異陽性卵巣がんの維持療法で18年12月に米国で承認を取得。日本でも同じ適応で申請中です。膵がんや前立腺がんでもP3試験が進むほか、ATR阻害薬ADZ6738などとの併用療法についてもP2試験で検討されています。

 

2017年にマントル細胞リンパ腫の適応で米FDAから承認を取得し、血液がんに参入する契機となったBTK阻害薬acalabrutinib(Calquence)は、慢性リンパ性白血病への適応拡大に向けた開発がP3試験段階。日本でもマントル細胞リンパ腫でP3試験を行っています。MET阻害薬savolitinib(AZD6094)やMEK阻害薬selumetinib(AZD6244)もP3試験を実施中です。

 

米ブリストル・マイヤーズスクイブ

CancerPipeline1_BMS1906

 

小野薬品工業と開発中の抗PD-1抗体ニボルマブ(オプジーボ)は、膠芽腫や食道がんなど13の適応症でP3試験を、高TMBがんなどでP2試験を進めています。同薬と併用試験を行う抗CTL-4抗体イピリムマブ(ヤーボイ)や抗LAG-3抗体relatlimab(BMS-986016)も小野との共同開発品。新しい免疫チェックポイント阻害薬として期待されるrelatlimabは、悪性黒色腫を対象にP3試験を開始しました。

 

がん免疫療法ではチェックポイント阻害薬との併用療法は、抗CF1R抗体cabiralizumab(FPA008)やIDO阻害薬「BMS-986205」もP3試験の段階にあります。18年2月から米Nektarと共同で開発しているCD122バイアス拮抗薬「NKTR-214」は、ニボルマブとの併用で悪性黒色腫と腎細胞がんを対象にP3試験を実施中です。

 

独バイエル

CancerPipeline4_Bayer1904

 

現在、P3試験の段階にあるのは、アンドロゲン受容体シグナル伝達阻害薬darolutamide(BAY 1841788)と、PI3K阻害薬copanlisib(BAY 80-6946)の2品目。darolutamideは前立腺がんを対象に、copanlisibは非ホジキンリンパ腫を対象に開発が進められています。

 

FGFR阻害薬rogaratinib(BAY 1163877)は尿路上皮がんでP2/3試験を実施中です。

 

日本では、3月5日にdarolutamideを去勢抵抗性前立腺がんの適応で申請。ホルモン感受性前立腺がんでもP3試験を実施中です。婦人科領域では、プロゲステロン受容体モジュレーターvilaprisan(BAY 1002670)が子宮筋腫でP3試験を、子宮内膜症でP2試験を行っています。

 

(亀田真由)

 

[PR]【がん・バイオのMR求人増加中】希望の求人お知らせサービス<MR BiZ>

 

最新情報を受け取る

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

  1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. ニュース解説>
  4. 【2019年4月版】製薬大手 抗がん剤パイプライン(4)アストラゼネカ・ブリストル・バイエル