1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. CRA(臨床開発モニター)
  3. CRAの転職・求人
  4. CRAの面接マニュアル

CRAの転職 面接マニュアル

転職活動中のCRA(臨床開発モニター)が面接を受ける際のポイントは?
CRAの面接は、CRO経験者がCROを受ける場合、CRO経験者が製薬メーカーを受ける場合、製薬メーカー経験者が製薬メーカーを受ける場合と、それぞれでポイントが異なります。

ここではまず全ての場合に共通する、CRAの面接術についてお話しした上で、ケース別の面接必勝法について解説していきます。

1. CRA(臨床開発モニター)の面接のポイント

まず、経歴・応募先問わず、CRA(臨床開発モニター)の面接すべてに共通するポイントからご説明していきましょう。

CRA(臨床開発モニター)の面接は平均2回程度

まず、製薬メーカー、CRO問わず、CRA(臨床開発モニター)の面接は、多いところで3回、平均するとだいたい2回程度です。最初の面接で、人事担当者と現場の責任者が登場し、二次面接では事業部長や役員などによる、実質的な最終面接が行われます。

但し、大手CROなどには、早く・たくさんのモニターを採用したい理由から、面接を一度きりとする企業もあります。その場合は人事担当者、現場責任者、事業部長…全てのキーパーソンと1日のうちに会うことに。誰がいつ出てきても良いようしっかりと準備して、気を引き締めて臨みましょう。

臨床開発モニター面接当日の流れとマナー

CRA(臨床開発モニター)の面接の流れ・マナーは、一般企業の面接とそれほど大きくは変わりません。一般的に、中途採用の面接の流れとマナーは下記の通りだと言われています。

参照:

※Answers(アンサーズ)を運営するクイックが公開している転職ノウハウサイトへジャンプします。

面接でのコミュニケーションから、仕事中のあなたの様子を想像される

CRA(臨床開発モニター)の仕事には、コミュニケーションスキルが必須。CRA(臨床開発モニター)は会社の顔として、治験施設を訪問し、ドクターをはじめとする関係者と円滑にコミュニケーションを取っていくものです。

面接は、企業側にとってあなたの出張先での様子をイメージできる格好の場。面接官はあなたの表情や話し方、言葉遣いなどから、日頃どんな様子でモニター業務をこなしているかを想像します。デキるCRAと思われるよう、次の3点を意識して臨みましょう。

明るく前向きな表情・態度

CRA(臨床開発モニター)は、医療従事者や社内のスタッフなど、様々な人々と関わりながら円滑に折衝を行う必要があります。「折衝相手と信頼関係を構築できる人だ」と思われるためにも、笑顔や明るいトーンを意識した受け答えが大切です。

端的かつ論理的な話し方(具体的で結論がハッキリした話し方)

同様に、ドクターや関係各所との折衝では、論理的で、かつ結論が明確な話し方が好まれます。話が冗長になりがちな人や、相手に対してわかりやすく説明することが苦手な人は、質問に対し、「○○です。なぜなら…だからです」と、まず結論を一言で表し、次にその根拠を説明してみましょう。

実績を語る際は具体的な数字を意識する

前職での実績を語る際は、担当業務を明確にするだけでなく、担当症例数や担当施設数およびその内訳(症例数は全何件中の何件を担当したか、施設は大学病院か民間の病院か、など)まで具体的な数字を交えて語りましょう。

2. CRO出身者がCROの面接を受ける際のポイント

CRA(臨床開発モニター)がCROから別のCROへ転職する場合は、基本的に即戦力となるか否かが重要になります。

自分がその会社に相応しい人間だという印象付けが大切

国内にCROは無数に存在しているものの、それぞれに特徴や方針などの違いがあるものです。同様に、CRA(臨床開発モニター)ひとりひとりにも、特性や得意分野などのタイプがあるもの。大切なのは、お互いにどれだけ相性が良いか、「私は御社にこれだけ相応しい人間です」とイメージさせられるかです。自分のスキルや経歴上の強みの中から、企業の求める人物像やヴィジョンに合致するものを特に強く伝えるように心がけましょう。

CROの面接でよく聞かれる質問と答え方

なぜCROからCROへ転職しようと思ったか?
当社ではどんなキャリアを築いていきたいか?

この質問は、必ずと言って良いほど聞かれるもの。これに対して相手を納得させられる答えが用意できるかどうかが、CRO→CROの面接の鍵と言っても過言ではありません。

CROのCRAは、製薬メーカーへキャリアアップ転職したいと考える人が多く、そのため、あなたが応募した時点で、CROの面接官は「なぜまたCROなんだろう?」という点を気にします。転職する必然性が伝わらないと、「どうせ採用してもすぐ辞めてしまうだろう」と思われたり、「スキルや人物に何か問題があって転職せざるを得なくなった人材では?」という懸念を抱かれる場合も。

1つめのポイントは、
いままで在籍していたCROと応募先の違いを明確にした上で、転職理由を語ること。

CRA(臨床開発モニター)の転職は、現在の職場を辞めないまま、働きながら転職活動を行うことが基本です。これは、転職活動が長期化した場合に無収入状態に陥るのを避けるため。また、そうした状態を懸念するあまり、焦って転職先を決めるあまり、自分に合わない職場を選んでしまうという事態に陥らないためでもあります。

出張の多いCRA(臨床開発モニター)は、移動中の時間を使えば、効率的に求人を探したり、応募書類の準備が可能です。面接へ行く際も、代休やフレックス、仕事帰りなど…業務を調整すればじゅうぶんに可能です。

2つめのポイントは、
応募先企業に合わせた表現で、自分の志望するキャリアを語ること。

今後のキャリアを話す際は、あなたの目指す方向性と会社の進む道が合致しているかどうかが鍵となります。自分の目指すキャリアビジョンを正直に話すことは大切ですが、あくまでそれが応募先の環境で実現可能なものでなければ内定は難しいでしょう。あらかじめ、自分のキャリアプランを明確にしておくことはもちろん、いま一度、企業分析をしっかりと行って、応募先企業の環境に合わせるとどういう表現になるのかを検討しましょう。加えて、少しでも相手が「この人物は当社に相応しい」と思ってもらえるよう、自分のキャリアプランと先方の企業の特徴が合致する部分は特に強調して伝えましょう。

例:

「国際共同治験にチャレンジすべく、モニターとしてのスキルアップに加え、英語力を付けて参りましたが、このたび現在の職場では経営方針として当面の間、国内の治験に絞る決定がされてしまいました。そのため、国際共同治験に積極的な御社に応募させていただきました。まずは御社でモニターとしてのスキルを高め、いずれ国際共同治験にチャレンジできることを目指して切磋琢磨したいと考えています。」

他にもCROの面接ではこんなことを質問される

症例の獲得率は?
→ウソは厳禁。アバウトな数字でなく、具体的かつ正直に説得力のある解答を行うこと。
リーダー業務をやりたいですか?
→できることなら「やりたい」と答えるのが正解。将来的にリーダーを任せられない人物は採用優先度が下がります。

希望ポジションを聞かれた際は正直に答えること

この他、CROでは、希望の領域・ポジションを尋ねられることも。先方は、あなたにどんな役割・ポジションを任せるべきかを決めるためにこの質問をしていますから、ここは、変に遠慮せず、希望を正直に伝えましょう。但し、傲慢になったり、自信過剰になったりするのはNGです。
CROの採用は一度にたくさんのモニターを募集する大量採用が主。経験者・未経験者含め、たくさんの応募が集まってきた中から、適材適所となるよう、プロジェクトに人員を振り分けます。ですから、あまり強く希望を伝えすぎると、「その仕事以外はやりたくないのでは?」という印象を与えてしまい、採用が見送られることも。あくまで謙虚で柔軟な姿勢を崩さず、自分の希望を伝えるようにしましょう。

CROの面接は後半30分が雑談のケースも

CROの面接は、前半に「志望動機」や「転職理由」、「今まで担当してきた治験内容」といった質問があった後は、フランクな雑談形式を取る企業が多いです。事前に答えを用意できる質問ばかりでは、あなたの本当の人柄や本音がわからないため。趣味や世間話といったものから、仕事に関する話題まで、多岐にわたるフリートークを通じて、あなたが会社に合っているかを見極めようとしています。

相性の合わない会社で働くのはあなたにとっても不幸のもとですから、無理してまでその会社に合う人間になろうとする必要はありませんが、雑談だからといって気を抜くのは失敗のもと。ドクターや治験関係者と接するときのように、緊張感と節度ある中で受け答えを行いましょう。

3. CRO出身者が製薬メーカーの面接を受ける際のポイント

製薬メーカーの求人は、数年前に比べるとずいぶん出やすくなったものの、CROの求人よりは圧倒的に少ないのが現状です。募集枠は1~2名。限られたポジションに、CRO経験者だけでなく製薬メーカー経験者も殺到しますから、CRO経験者が製薬メーカーの面接を受ける際は、かなり入念な準備が必要です。

CRO出身者が製薬メーカー面接で必ず聞かれる質問

CRO出身のモニターが製薬メーカーの転職を受けた際、必ず聞かれると言っても過言ではない質問があります。それは、次の3つです。

  • 今までの経験
  • 転職理由 / なぜCROから製薬メーカーへ行こうと思ったのか
  • 志望動機

どの質問にも共通して言えることは、必ず企業研究をし、その上でいかに自分がその製薬メーカーに相応しい人間か明確に伝わるよう答える、ということ。

なぜ製薬メーカーを希望したのか、という点にばかり意識が向きがちですが、実際に面接官が気にしているのは、「経験・スキル」に加え「なぜCRO出身のあなたがメーカーを志望し、その中でも当社を選んだのか」そして「果たして自社に最適な人物かどうか」という3点を見極めたいと考えています。

こんな答え方でもまだ不十分

「CROだと治験の一部にしか関われないので製薬メーカーに行きたいと思った」
「ドクターの要望にもっと応えたいから」

これらの答えは一見よい解答に見えますが、面接官からそれならどこの製薬メーカーでも良いじゃないか、と思われてしまう典型パターン。できる限り応募企業の業務に活かせそうな部分を中心に前職までのキャリアを説明し、

「御社は自分がより専門的に関わりたい領域を得意としているから」
「グローバル治験や開発ポリシー(アンメットニーズに注力しているなど)といった企業のスタンスが自分と合致しているから」

といった、納得感のある答えを心がけましょう。
「将来的に内勤に移りたい」というのが本音だとしても、モニターの求人に応募するわけですから、まずはモニターとして一人前を目指したいという意志を伝えることが重要です。
今までCROで働いてきたあなたが応募先の製薬メーカーで何をしたいのか、どんなキャリアプランを描きたいか…これらが相手に伝わりやすいよう、必ずイメージを持っておきましょう。

4. 製薬メーカー経験者が製薬メーカーの面接を受ける際のポイント

製薬メーカーの求人には、製薬メーカー経験者だけでなく、CRO経験者をはじめ多くの応募者が集まります。ライバルが多い中で効果的に自分をアピールするためには、次の3つを伝えることが重要です。

製薬メーカー経験者が面接で伝えるべき3つのポイント

  • 自分のこれまでの経験が応募先企業での仕事に活かせるという説明
  • 自分のやりたいことを実現できるのが応募先企業であるという明確な説明
  • どうしてもその企業に入りたいという熱意

特に重要なのは、3つ目の熱意です。製薬メーカーがモニターを募集する背景には、自社に治験のナレッジを蓄積したいという狙いがあります。従って、どんなに優秀な人でも、すぐにやめてしまいそうな人は採用に至りません。「応募前からこんなに当社のことを調べてくれている」「この人なら当社への思い入れも強そうだし、ずっと働いてくれそうだ」と思わせられるよう、入念に企業研究を行い、熱意をもってアピールすることが大切です。

製薬メーカー→製薬メーカーの面接、最終的な決め手は人柄

1~2名の採用枠に、たくさんの応募が集まる製薬メーカー求人では、数名の候補者が横並びの評価となることも少なくありません。経歴やスキルで差が付かない場合は志望度がひとつの判断軸になりますが、それでも判断できないほど拮抗している場合には、人柄が合否を分ける重要なファクタとなります。

スキルや経歴がよくても受からない場合もあるということを念頭に置き、面接では相手に好印象を与えられるような、礼儀正しくハキハキとした受け答えと笑顔を欠かさずに望みましょう。

まとめ

いかがでしたか。CRA(臨床開発モニター)の面接でどのケースでも共通して言えるのは、「自分が応募先企業にとってどれほど相応しい人物か」「この転職が自分のキャリアにとってどう必然性があるものか」の2点を納得感のある説明で伝えられるかどうか。

自分自身の経歴と今後のキャリアプランを明確に整理しておくことはもちろん、それを相手に合わせて伝え方を最適化できるよう、企業分析も念入りに行っておきましょう。

CRAトップへ戻る