1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. ニュース解説>
  4. 2019年 世界で最も売れた医薬品は
ニュース解説

2019年 世界で最も売れた医薬品は

2019年に世界で最も売れた医薬品は、前年に続いて米アッヴィの抗TNFα抗体「ヒュミラ」だったことが、米IQVIAの集計でわかりました。2位は米ブリストル・マイヤーズスクイブと米ファイザーの抗凝固薬「エリキュース」で、3位は米メルクの免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」でした。

 

ヒュミラ 売上高は約2.8兆円

米IQVIAが公表した2019年の世界の医薬品市場に関するデータによると、売上高トップとなったのは、抗TNFα抗体「ヒュミラ」(米アッヴィ)。売上高は前年比6.7%増の268億5100万ドル(約2兆8731億円)に上りました。

 

2位は134億7300万ドル(前年比34.5%増、約1兆4416億円)を売り上げた抗凝固薬「エリキュース」(米ブリストル・マイヤーズスクイブ/米ファイザー)で、3位は113億6100万ドル(59.6%増、約1兆2156億円)の免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」。エリキュースは前年4位から、キイトルーダは同9位から、それぞれ順位を上げました。

 

【2019年/世界で最も売れた医薬品トップ20】(単位:億ドル)(順位/製品名/売上高/前年比/前年からの順位変動): 1/ヒュミラ/(自己免疫疾患)/268.51/6.7%/→ 2/エリキュース/(抗凝固薬)/134.73/34.5%/↑ 3/キイトルーダ/(がん)/113.61/59.6%/↑ 4/イグザレルト/(抗凝固薬)/103.78/15%/↑ 5/ランタス/(糖尿病)/100.13/▲2.5%/↓ 6/エンブレル/(自己免疫疾患)/97.08/▲3.6%/↓ 7/ステラーラ/(自己免疫疾患)/87.93/30%/↑ 8/オプジーボ/(がん)/80.33/8.2%/↓ 9/ジャヌビア/(糖尿病)/74.69/5.2%/↑ 10/ノボラピッド/(糖尿病)/73.85/1.5%/↓ 11/トルリシティ/(糖尿病)/73.04/43.7%/↑ 12/レミケード/(自己免疫疾患)/69.56/▲9.5%/↓ 13/アバスチン/(がん)/64.66/3.7%/↑ 14/リツキサン/(がん)/59.02/▲7.0%/↑ 15/ヒューマログ/(糖尿病)/58.27/▲5.6%/↑ 16/ハーセプチン/(がん)/57.23/▲12.3%/↓ 17/イムブルビカ/(がん)/56.9/25.8%/↑ 18/シムビコート/(その他)/56.04/6.6%/↑ 19/レブラミド/(がん)/55.92/17.4%/↑ 20/イブランス/(がん)/55.35/25%/↑ |※前年比は為替変動の影響を除く。米IQVIA調べ

 

4位も抗凝固薬で、独バイエルの「イグザレルト」(103億7800万ドル、15.0%増)がランクイン。5位のインスリン製剤「ランタス」(仏サノフィ)と6位のTNFα阻害薬「エンブレル」(米ファイザー)はバイオシミラーとの競合で売り上げを落とした一方、7位の抗IL-12/23p40抗体「ステラーラ」(米ジョンソン・エンド・ジョンソン)は30.0%の売り上げ増で前年12位から急上昇しました。

 

オプジーボは8600億円で8位

日本企業が創製した医薬品として唯一トップ20に入った8位の免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」(ブリストル/小野薬品工業)は、8.2%増の80億3300万ドルを売り上げたものの、前年7位から後退。ライバルのキイトルーダに逆転されました。

 

11位以下では、米イーライリリーのGLP-1受容体作動薬「トルリシティ」(73億400万ドル、43.7%増)が前年のトップ20圏外から11位にランクイン。17位の抗がん剤「イムブルビカ」(ジョンソン・エンド・ジョンソン)や19位の同「レブラミド」(ブリストル)、20位の同「イブランス」(ファイザー)も新たにトップ20入りした一方、ファイザーの疼痛治療薬「リリカ」(前年11位)は姿を消しました。

 

世界売上高トップ20の医薬品を疾患領域別に見ると、最も多かったのはがんの8製品。次いで多かったのは5製品の糖尿病で、自己免疫疾患が4製品、抗凝固薬が2製品と続きました。

 

【2019年/世界で最も売れた医薬品トップ20】(順位/前年/製品名/社名/(19年世界売上高)億ドル・前年比・円): 1/ヒュミラ/アッヴィ/268.51億ドル/6.7%/2兆8731億円 2/4/エリキュース/ブリストル/ファイザー/134.73億ドル/34.5%/1兆4416億円 3/9/キイトルーダ/メルク/113.61億ドル/59.6%/1兆2156億円 4/5/イグザレルト/バイエル/103.78億ドル/15%/1兆1104億円 5/2/ランタス/サノフィ/100.13億ドル/▲2.5%/1兆714億円 6/3/エンブレル/ファイザー/97.08億ドル/▲3.6%/1兆388億円 7/12/ステラーラ/J&J/87.93億ドル/30%/9409億円 8/7/オプジーボ/ブリストル/小野/80.33億ドル/8.2%/8595億円 9/10/ジャヌビア/メルク/74.69億ドル/5.2%/7992億円 10/8/ノボラピッド/ノボノルディスク/73.85億ドル/1.5%/7902億円 11/―/トルリシティ/イーライリリー/73.04億ドル/43.7%/7815億円 12/6/レミケード/J&J/69.56億ドル/▲9.5%/7443億円 13/16/アバスチン/ロシュ/64.66億ドル/3.7%/6919億円 14/15/リツキサン/ロシュ/59.02億ドル/▲7%/6315億円 15/17/ヒューマログ/イーライリリー/58.27億ドル/▲5.6%/6235億円 16/13/ハーセプチン/ロシュ/57.23億ドル/▲12.3%/6124億円 17/―/イムブルビカ/J&J/56.9億ドル/25.8%/6088億円 18/20/シムビコート/アストラゼネカ/56.04億ドル/6.6%/5996億円 19/―/レブラミド/ブリストル/55.92億ドル/17.4%/5983億円 20/―/イブランス/ファイザー/55.35億ドル/25%/5922億円 |※前年比は為替変動の影響を除く。1ドル=107円換算。米IQVIA調べ

 

がん 市場は15兆円規模に

2019年の世界市場は1兆1346億9900万ドル(約121兆4218億円)で、前年から5.7%拡大しました。

 

疾患領域別で最大の市場は「がん」。19年は前年比17.5%増の1398億3000ドル(約14兆9618億円)に達しました。2位の「糖尿病」(1032億100万ドル、8.1%増)は初めて1000億ドルを突破。3位は641億8400万ドル(8.0%増)の「自己免疫疾患」でした。

 

前年比で2ケタの伸びとなったのは、がんのほか、6位の「抗凝固薬」(13.3%増)と15位の「免疫抑制剤」(27.1%増)、17位の「ワクチン」(13.0%増)。一方、「その他循環器疾患」(1.1%減)と「神経疾患」(6.1%減)、「脂質調整薬」(1.5%減)は前年から市場が縮小しました。

 

【2019年/疾患領域・薬効別の世界医薬品市場】(順位/前年/疾患領域/薬効/(19年世界売上高)億ドル・前年比・円): <世界市場全体>―/―/11346.99億ドル/5.7%/121兆4218億円 1/1/がん/1398.3億ドル/17.5%/14兆9618億円 2/2/糖尿病/1032.01億ドル/8.1%/11兆425億円 3/3/自己免疫疾患/641.84億ドル/8%/6兆8677億円 4/4/疼痛/542.11億ドル/2.4%/5兆8006億円 5/5/呼吸器疾患/477.74億ドル/2.8%/5兆1118億円 6/6/抗凝固薬/445.3億ドル/13.3%/4兆7647億円 7/7/高血圧症/383.61億ドル/5.1%/4兆1046億円 8/8/抗菌薬/361.25億ドル/1.3%/3兆8654億円 9/10/抗HIV薬/335.1億ドル/5.5%/3兆5856億円 10/11/消化器疾患/325.04億ドル/7%/3兆4779億円 11/9/精神疾患/322.97億ドル/2.3%/3兆4558億円 12/12/外皮用薬/317.19億ドル/9%/3兆3939億円 13/15/多発性硬化症/261.06億ドル/1.5%/2兆7933億円 14/16/その他循環器疾患/258.31億ドル/▲1.1%/2兆7639億円 15/18/免疫抑制剤/252.49億ドル/27.1%/2兆7016億円 16/14/神経疾患/242.21億ドル/▲6.1%/2兆5916億円 17/17/ワクチン/232.23億ドル/13%/2兆4849億円 18/16/その他中枢神経疾患/224.69億ドル/3.6%/2兆4042億円 19/―/抗潰瘍薬/172.37億ドル/0.4%/1兆8444億円 20/20/脂質調整薬/170.4億ドル/▲1.5%/1兆8233億円 |※前年比は為替変動の影響を除く。1ドル=107円換算。米IQVIA調べ

 

医療用医薬品と一部OTCの製品売上高では、ジョンソン・エンド・ジョンソンが547億9000万ドル(6.4%増、約5兆8625億円)で前年に続いてトップ。2位はスイス・ノバルティス(529億1700万ドル、8.3%増)、3位はスイス・ロシュ(483億2400万ドル、8.9%減)でした。昨年11月に米セルジーンを買収したブリストルは9位に入り、前年15位からジャンプアップ。武田薬品工業は269億6500万ドル(4.4%増)で15位でした。

 

【2019年/製品売上高トップ20社(処方箋薬+一部OTC)】(順位/前年/社名/(19年世界売上高)億ドル・前年比・円): 1/1/米ジョンソン・エンド・ジョンソン/547.9億ドル/6.4%/5兆8625億円 2/2/スイス・ノバルティス/529.17億ドル/8.3%/5兆6621億円 3/4/スイス・ロシュ/483.24億ドル/8.9%/5兆1707億円 4/3/米ファイザー/476.44億ドル/▲0.9%/5兆979億円 5/5/米メルク/443.08億ドル/10%/4兆7410億円 6/8/仏サノフィ/415億ドル/5.5%/4兆4405億円 7/6/米アッヴィ/413.9億ドル/2.8%/4兆4287億円 8/7/英グラクソ・スミスクライン/404.95億ドル/2.1%/4兆3330億円 9/15/米ブリストル・マイヤーズスクイブ/399.97億ドル/17.5%/4兆2797億円 10/10/米イーライリリー/313.58億ドル/7.2%/3兆3553億円 11/12/デンマーク・ノボノルディスク/297.68億ドル/13.6%/3兆1852億円 12/9/米ギリアド・サイエンシズ/281.69億ドル/▲3.6%/3兆141億円 13/14/英アストラゼネカ/281.64億ドル/14.8%/3兆135億円 14/11/米アムジェン/276.4億ドル/1.8%/2兆9575億円 15/13/武田薬品工業/269.65億ドル/4.4%/2兆8853億円 16/18/独ベーリンガーインゲルハイム/215.01億ドル/13.1%/2兆3006億円 17/16/イスラエル・テバ/207.17億ドル/▲9.4%/2兆2167億円 18/17/独バイエル/195.1億ドル/5.4%/2兆876億円 19/20/アイルランド・アラガン/143.04億ドル/2.7%/1兆5305億円 20/19/米マイラン/134.47億ドル/▲5.8%/1兆4388億円 |※前年比は為替変動の影響を除く。1ドル=107円換算。米IQVIA調べ

 

(前田雄樹)

最新情報を受け取る

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

  1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. ニュース解説>
  4. 2019年 世界で最も売れた医薬品は