1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2021年1月12日)
きょうのニュース

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2021年1月12日)

 

中外、生産分野のDXへIBMと連携

中外製薬は1月12日、生産分野でデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めるため、日本アイ・ビー・エムと連携すると発表した。製造系、品質系、要員系などのデータを共通のデータ基盤に集約し、現場の端末からアクセスできる業務システムと連携。生産・要員計画や進捗管理、GMP文書検索といった業務を効率化し、デジタルプラントの実現を目指す。浮間工場(東京都北区)で先行実施し、2022年半ばまでに新たなオペレーションを支えるデジタル基盤を構築。他拠点への展開に向けた検証を行う。

 

楽天メディカル「アキャルックス」でSPLineと代理店契約…今月1日から販売

楽天メディカルジャパンは1月12日、頭頸部がん治療薬「アキャルックス」(一般名・セツキシマブ サロタロカンナトリウム)について、メディパルホールディングス(HD)子会社のSPLineと販売代理店契約を結んだと発表した。同薬は昨年9月に承認を取得し、今月1日に発売。併用する医療機器「BioBladeレーザーシステム」では、栗原医療器械店と総販売代理店契約を結んだ。

 

そーせい、神経疾患に対する創薬で英社と技術提携

そーせいグループは1月12日、英PharmEnableと技術提携契約を結んだと発表した。人工知能(AI)や医薬品化学に基づく同社の技術と、そーせいのGタンパク質共益受容体(GPCR)構造ベース創薬プラットフォームを活用し、神経疾患領域でGPCRに対する新薬の創出を目指す。従来のスクリーニング法と比べて特異性の高い三次元構造の候補化合物を得られるため、これまで創薬が難しかったペプチド作動性GPCRなどをターゲットにできるという。

 

「トレアキシン」RTD製剤が発売

シンバイオ製薬は1月12日、抗がん剤「トレアキシン」(ベンダムスチン)のRTD製剤を発売したと発表した。既存の凍結乾燥剤と異なり、溶解不要で希釈のみで投与できる。シンバイオは急速静注製剤(RI製剤)も開発中で、今年度の申請を予定している。

 

シミック、米バーチャル臨床試験推進団体に参画

シミックは1月12日、バーチャル臨床試験の導入を推進する米国の団体「デセントライズド・トライアル・アンド・リサーチ・アライアンス(DTRA)」に、リーダーカウンシルメンバーとして参画したと発表した。DTRAは、米国を中心とするヘルスケア関連企業や規制当局、患者団体が参画し、昨年12月に発足。日本からはアステラス製薬やエーザイ、武田薬品工業が参画しており、国内CROではシミックが初めて。シミックは米国の関連団体・企業と連携し、日本でのバーチャル臨床試験導入を推進する。

 

AnswersNews編集部が製薬企業をレポート
中外製薬

他の企業も見る

 

最新情報を受け取る

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

  1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2021年1月12日)