1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年10月2日)
きょうのニュース

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年10月2日)

更新日

 

アストラゼネカ、コロナワクチンの国内P1/2試験を再開

アストラゼネカは10月2日、海外で有害事象が確認された影響で中断していた新型コロナウイルスワクチン「AZD1222」の国内臨床第1/2相(P1/2)試験を再開したと発表した。同ワクチンをめぐっては、英国での試験で1人の被験者に重篤な有害事象が発生し、9月6日に全世界で試験を自主的に中断。日本では、英国での評価結果やこれまでに得られている安全性データを評価し、医薬品医療機器総合機構(PMDA)との協議も踏まえ、再開が可能と判断した。海外では、英国、ブラジル、南アフリカ、インドで試験が再開されたが、米国では中断が続いている。

 

アストラゼネカのコロナワクチン、欧州で「ローリングレビュー」開始

欧州医薬品庁(EMA)は10月1日、英アストラゼネカと英オックスフォード大が共同開発している新型コロナウイルスワクチンについて、正式な承認申請の前に入手可能となったデータから順次審査を進める「ローリングレビュー」を開始したと発表した。欧州では同ワクチンが承認第1号となる可能性がある。EMAは「全体的なレビューのタイムラインはまだ予測できないが、ローリングレビューによって審査プロセスは通常より短くなるはずだ」としている。

 

協和キリン、zandelisibの国内P2開始

協和キリンは10月2日、米MEIファーマと共同開発しているPI3Kδ阻害薬zandelisib(開発コード・ME-401)の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫を対象とした国内P2試験を開始したと発表した。少なくとも2回の前治療歴がある患者60人を対象に、同薬の単剤療法の効果を検討。試験終了後、申請に関する検討を行う。両社は同薬の開発・販売でグローバルに提携しており、米国では両社で共同開発・販売する一方、それ以外の地域では協和キリンが独占的販売権を持っている。

 

中外「FoundationOne」2つのコンパニオン診断機能追加を申請

中外製薬は10月2日、がん遺伝子パネル検査「FoundationOne CDx がんゲノムプロファイル」について、2つのコンパニオン診断機能の追加を申請したと発表した。申請したのは、▽TRK阻害薬ラロトレクチニブの「TRK融合を有するがん」▽FGFR阻害薬ペミガチニブの「FGFR2融合遺伝子陽性の局所進行・転移性胆管がん」――に対するコンパニオン診断機能。ラロトレクチニブはバイエル薬品が、ペミガチニブはインサイト・バイオサイエンシズ・ジャパンが、それぞれ国内で申請している。

 

リリー、低血糖時の救急治療薬「バクスミー」を発売

日本イーライリリーは10月2日、低血糖時救急治療薬「バクスミー」(一般名・グルカゴン)を発売したと発表した。同薬は点鼻粉末剤で、注射剤以外の低血糖治療薬は初めて。室温で持ち運びができる1回使い切りの製剤で、迅速な処置が可能になる。薬価は3mg1瓶8368.60円。ピーク時に33億円の売り上げを見込んでいる。

 

モジュラス、東大と新型コロナウイルス治療薬の共同研究

計算科学に基づく低分子創薬を手掛けるモジュラスは10月1日、東京大と新型コロナウイルスを含む新興ウイルス感染症治療薬に関する共同研究を始めたと発表した。同大大学院工学系研究科の鈴木勉教授の研究成果をもとに、RNAウイルスに対する治療薬の開発を目指す。

 

KAICOとユーグレナ、新型コロナワクチンを共同研究

九州大発ベンチャーのKAICOとユーグレナは10月1日、新型コロナウイルスワクチンの共同研究契約を結んだと発表した。KAICOは、カイコを使って目的タンパク質を大量生産する技術を持つ。共同研究では、KAICOが抗原の改良・量産化と経口ワクチン化を検討し、ユーグレナが実用化への検討研究を行う。

 

サンバイオ、シンガポールに子会社設立へ

サンバイオは10月1日、シンガポールに子会社を設立すると発表した。社名は「SanBio Asia」で、来年2月1日に設立予定。開発中の再生細胞薬「SB623」のグローバルサプライチェーンの構築や、アジアでの販売に向け、基盤を整備する。

 

丸石製薬「プレセデックス」販売中止へ、ファイザーとの契約終了で

丸石製薬は10月1日、α2作動性鎮痛薬「プレセデックス『マルイシ』」(一般名・デクスメデトミジン塩酸塩)の販売を中止すると発表した。ファイザーとの製品供給・共同開発・コマーケティング契約の終了に伴うもの。両社は契約に基づき、同薬の販売と情報提供活動を行ってきたが、契約期間の満了に伴い契約を終了することを決めた。丸石が販売を中止したあとも、ファイザーはプレセデックス「ファイザー」の販売を続ける。

 

【AnswersNews編集部が製薬企業をレポート】

中外製薬
協和キリン

他の企業も見る

あわせて読みたい

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる

オススメの記事

人気記事

メールでニュースを受け取る

メールでニュースを受け取る

  • 新着記事が届く
  • 業界ニュースがコンパクトにわかる