1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2019年3月7日)
きょうのニュース

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2019年3月7日)

 

塩野義 米アキリからADHD治療用ゲームを導入

塩野義製薬は3月7日、米アキリ・インタラクティブ・ラボと、デジタル治療用アプリ「AKL-T01」「AKL-T02」の導入に関する契約を結んだと発表した。塩野義は、日本と台湾でアプリを独占的に開発・販売する権利を獲得する。製造やデータ管理はアキリが行う。

小児ADHD(注意欠陥・多動症)の治療用ゲーム「AKL-T01」は米国で申請済み。小児の自閉スペクトラム症(ASD)の不注意症状の治療用アプリ「AKL-T02」も臨床開発が進んでいる。塩野義は、アキリに一時金2000万ドル、開発・販売段階に応じたマイルストン(最大1億500万ドル)、ロイヤリティを支払うほか、今後の出資も予定している。

 

エーザイ 不眠症治療薬レンボレキサントを日本で申請

エーザイは3月7日、不眠症治療薬レンボレキサントを日本で申請したと発表した。同薬は、オレキシン受容体の2つのサブタイプに対し、オレキシンと競合的に結合する薬剤で、エーザイが創製。オレキシンによる神経伝達を阻害することで覚醒を制御し、睡眠と覚醒を調整すると考えられている。米国では昨年12月に申請済み。軽度・中等度のアルツハイマー病/認知症に伴う不規則睡眠障害リズム傷害を対象とした臨床第2相(P2)試験も行っている。

 

  1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2019年3月7日)