1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. その他関連の用語一覧
  4. アナフィキラシー

アナフィキラシー

アナフィキラシーとは、急性・全身性かつ重度なアレルギー反応の一種。アレルゲンを摂取するほか、薬物が皮膚に接触したり、注射・吸入によって薬物が体内に吸収されたりした場合に起こる。

アナフィキラシーの原因となるアレルゲンや薬物が、体内の肥満細胞(炎症や免疫反応などに関係する細胞)からヒスタミンを遊離させる。遊離したヒスタミンが血液を介して体中に運ばれ、様々な症状を引き起こす。ヒスタミンには、血管を拡張させる働きや、体液を漏出させる働きがあるため、結果的に血圧と血流量が低下してショック症状を引き起こす。
アナフィキラシーによって起こる一連の症状を総称して「アナフィキラシーショック」と呼ぶ。

■アナフィキラシーの症状例
・じんましん
・唇や顔面、首や咽喉の腫れ
・多尿
・呼吸困難
・低血圧
・脳炎
・失神

アナフィキラシーの症状には様々だが、重症なものも多く、生命の危険に関わる場合もある。

■アナフィキラシーへの対処
アナフィキラシーショックが出た場合の有効な治療法には、筋肉へのアドレナリン(肥満細胞からヒスタミンなどが遊離するのを抑制する働きがある)の注射が挙げられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加