1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. その他関連の用語一覧
  4. 抗体医薬品

抗体医薬品

抗体医薬品(バイオ医薬品)とは、生体の持つ免疫機能が働くことで体内にできる「抗体」を主成分として作られた医薬品。低分子医薬品に対して分子の量が多いことから、高分子薬ともいわれる。

抗体の「特定の抗原(異物)だけに特異的に結合し、その異物を生体内から除去する」という特徴を活かして作られている。低分子医薬品と比べて、異常な細胞をピンポイントで攻撃する精度が高いため、正常な細胞を傷つける危険性も低い。次世代の医薬品として注目を集めている。

■メリット
・効果が高く、副作用が少ない
・体内で効果を発揮する時間が長い

■デメリット
・従来の医薬品よりも高価格なため、患者の経済的な負担が増す
・服用方法が注射剤などに限定される(現在の技術では飲み薬にできないため)

■抗体医薬品の例
・リツキシマブ(関節リウマチやリンパ腫など、自己免疫疾患の治療薬)
・トリシズマブ(キャッスルマン病や関節リウマチの治療薬)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加