1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. その他関連の用語一覧
  4. カプセル剤

カプセル剤

カプセル剤とは剤形の一種で、液状や粉状の薬を、シートや容器で包んだもの。シートや容器は、体内で溶ける原料によって作られている。基本的には内服薬として用いられるが、中には坐剤として用いられる種類のカプセル剤※も存在する。
※レクタルカプセル。通常の坐剤にするには調製が難しい薬を坐薬として使いたい場合に用いられるカプセル剤。

形は円筒形や球形、楕円形が大半である。カプセル剤には薬効成分以外に、保存剤や着色料などを添加する場合が多い。
薬を包むシートや容器によって、体内に薬が溶け出すまでの時間を調節できるため、放出制御製剤の際の剤形によく用いられる。
※放出制御製剤…薬効成分が体内に放出されるまでの時間を調整した薬。コントロールドリリース製剤ともいわれる。

■種類
カプセル剤は、薬を何で包むかによって、以下の2種類に分けられる。

・硬カプセル剤
ハードカプセルともいわれる。
ゼラチンなどで作られた円筒状の容器に、薬を詰めたもの。粉末や顆粒状の薬を詰める際に用いられる。

・軟カプセル剤
ソフトカプセルともいわれる。
弾力性のあるシートで、液状や油脂が多く含まれた薬を包んだもの。原料はゼラチンとグリセリン、もしくはゼラチンとソルビトールでできているものが多い。
※グリセリン・ソルビトール…いずれも、シートに弾力性を持たせるための添加物である。

■長所
・カプセル化することで、薬が持つ本来のにおいや味を隠すことができる。
・大きさや溶出性が違う薬を1つのカプセルに入れ、一度に服薬することができる。

■短所
・湿気に弱い。湿度が高すぎても低すぎても、壊れやすくなってしまう。
・錠剤のように薬を圧縮しないため、かさが多くなってしまう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加