1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. その他関連の用語一覧
  4. オレンジブック

オレンジブック

オレンジブックとは、後発医薬品(ジェネリック医薬品)と先発医薬品の有効性を比較した、実験結果をまとめた本である。FDAによって作成され、アメリカで発刊されている。本の表紙がオレンジ色であることから「オレンジブック」と呼ばれるようになった。

日本におけるオレンジブックは「医療用医薬品品質情報集」のことを指し、アメリカで発刊されているオレンジブックとは異なる。
日本のオレンジブックは薬事日報社から発行されており、品質再評価の結果が掲載されている。
ただし、このオレンジブックは、品質再評価が通知される度に発行されるため「一覧性に乏しい」「品質再評価情報の掲載洩れがある」といった欠点がある。
そのため、日本ジェネリック製薬協会がこれらの欠点を補い、後発医薬品(ジェネリック医薬品)の情報を広範囲に渡って収集・掲載したものを「オレンジブック総合版」「オレンジブック保険薬局版」として発行している。
医療従事者は、このオレンジブックを参考にして後発医薬品(ジェネリック医薬品)の安全性や有用性を評価する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加