1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. その他関連の用語一覧
  4. TNF

TNF

TNF(Tumor Necrosis Factor)とはサイトカイン(細胞間の情報を伝達する物質)の一種で、不要な細胞を排除するほか、感染防御・抗腫瘍作用を持つ物質である。白血球から作られ、腫瘍壊死因子ともいわれる。がん(悪性腫瘍)に対して出血性の壊死を誘発させる因子として発見されたが、今では炎症を引き起こす要素を持つサイトカインであることもわかっている。

正常な状態の体内にも、TNFは存在する。正常値内のTNF(単位(pg/ml)1.79以下)であれば「がん細胞を破壊する」「傷を治癒する」「体内に入ったウイルス・バクテリアを排除する」などの働きを持つが、体内バランスが取れないほどにTNFが増殖すると「炎症を引き起こす」「動脈硬化・糖尿病のリスクを高める」などの悪影響を及ぼす。

現在は、関節リウマチや乾癬(かんせん)の患者の体内で特にTNFが増殖することが判明しているため、TNFの働きを抑える抗TNF製剤(アダリムマブなど)がこれらの疾患の治療に使用されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加