1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. その他関連の用語一覧
  4. コホート研究

コホート研究

コホート研究とは、疾病の要因と発症の関連を調べるための、観察的研究の手法の一つである。要因対照研究、前向き研究(prospective study)ともいわれる。

特定の疾病要因に関わっている(例:ウイルスが感染する可能性の環境にいた)集団と、無関係の集団の2グループを作り、それぞれのグループの中での対象疾病発生率を算出することで、要因と疾患発症の関連性を調べることができる。
コホートとは古代ローマの歩兵隊の1単位を指す英語だが、共通因子を持った集合体という意味も持つことから、集団を利用するこの研究が「コホート研究」と呼ばれるようになった。

コホート研究によるメリット・デメリットは、それぞれ以下のようなものが挙げられる。
■メリット
・疾患発症に至るまでの発生順序を解明することができる
・複数の事象、原因を知ることができる
・研究者側のバイアスがかかりにくいため、間違った結果を導くことが少ない

■デメリット
・発生率の低い疾病研究には向いていない
・研究にかかる費用と時間が膨大である

コホート研究の主な例として

・喫煙とガン発症の関連性について
・被爆とガン発症の関連性について
・血清コレステロール値と心筋梗塞の関連性について

などが挙げられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加