1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 略語関連の用語一覧
  4. MIS

MIS

MIS(Minimally Invasive Surgery)とは、最小侵襲手術ともいわれる治療法で、人工関節手術でよく用いられる。従来の人工関節術よりもメスで切開する範囲が狭いため、手術後の痛みが軽減するうえ、リハビリの早期開始が可能になり、結果的に退院を早めることができる。

MISによって人工関節手術を行うには、専用の機械が必要である。専用の機械を用いることで、通常であれば15~20cmほど切開しなければならなかった皮膚切開部を8~12cm程度に抑えることができ、傷つける筋肉や腱の範囲を減らすことができる。損傷部を減らすことができるため、術後の痛みを抑え、リハビリも手術の翌日から可能である。

ただし、MISで使用する人工関節は従来の人工関節と同じものを用いるため、人工関節自体の特徴(器具の寿命など)は変わらない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加