1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 略語関連の用語一覧
  4. PGx

PGx

PGxとは、ファーマコゲノミクスの略称で、医薬品の作用と患者個人が持つ遺伝的性質との関係性を研究する学問を指す。「薬理ゲノム学」「薬理ゲノミクス」ともいわれる。

患者個人が持つ遺伝子情報(ゲノム情報)を分析し、体質などの特徴を把握することで、個々の患者に最適な医薬品を開発・投与することができる。
遺伝子情報と、医薬品が持つ有効性と副作用の関連が明らかになることで、患者ひとりひとりに対して最も有効な医薬品を投与することができる。また、患者の持つ遺伝子情報に合わせて、副作用が発生しない医薬品を開発することも可能になる。

ファーマコゲノミクスが医療業界に浸透し、この学問に基づく医薬品の研究開発などが広まれば、「QOL向上」「医療費の削減」「治療法がないとされていた疾患への新薬誕生」といった効果が期待できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加