1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 略語関連の用語一覧
  4. DBT

DBT

DBTとは二重盲検比較試験(Double blind test)の略称で、治験実施に関わるすべての人間が、どんな薬を投与するのか一切知らされずに行われる治験方法のこと。
新薬の治療効果と有効性を確かめるための比較試験には、DBT以外に単盲検試験(シングル・ブラインド・テスト)と非盲検試験があるが、DBTが最も客観的なデータを得られるため、一般的な方法として広まっている。

・単盲検試験(シングル・ブラインド・テスト)…投与される薬の種類を被験者のみが知らない試験方法。
・非盲検試験…治験実施側と被験者の両方が投与される薬を知っている試験方法。

■DBTの種類(デザイン)

・群間比較試験(並行群間比較試験)
DBTの中で、最も代表的な試験デザイン。
無作為にA群(被験薬を投与するグループ)とB群(偽薬を投与するグループ)に分けた被験者に対して同期間、薬を投与する。それぞれのグループで出た結果を比較評価することで、被験薬の効果があるかを判断する。

・クロスオーバー法
慢性疾患に対する薬の治験で用いられる試験デザイン。交差試験、交互試験ともいわれる。被験薬と偽薬を投与する順番を群ごとにずらすことで、それぞれ違った結果を見ることができる。郡間比較試験と比べてデータの誤差が少なく、少ない症例数でも結果が見える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加