1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 業界用語・専門用語関連の用語一覧
  4. 合剤

合剤

合剤とは、複数の薬効成分を1つの薬の中に配合した医薬品。配合剤ともいわれる。
組み合わされる複数の成分は、効果が似ている場合もあれば異なる場合もある。
複数の成分を組み合わせることにより、ひとつの成分によってできた薬(単剤といわれる)よりも、高い効果が期待できたり、安全性を高めたりすることができる。合剤の剤形には飲み薬や吸入剤、点眼剤などがある。

■合剤のメリット
・服用する薬の数を減らすことができる
・服用し忘れるというケースが減る
・単剤よりも高い効果の薬を作ることが可能である
・薬剤の値段を抑えることができる

■合剤のデメリット
・副作用が発生した際、原因を突き止めづらい
・単剤に比べて効果が弱くなることがある
・患者に薬を提供する際の調節が難しい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加