1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 業界用語・専門用語関連の用語一覧
  4. 吸入剤

吸入剤

吸入剤とは医薬品の剤形の一種で、薬剤が霧状に加工された薬。スプレーを使って霧状に噴出させたものを口から吸い込み、服用する。吸入剤は、霧状の薬を直接肺や気道に作用させるため、内服薬に比べて必要量が少なくてすむという特徴がある。また、全身性の副作用が起こる危険性も少ない。

吸入する際は、薬剤を噴霧するタイミングと息を吸うタイミングを合わせなければいけない。タイミングを上手く合わせないと、薬剤が肺や気道まで届かず、口腔内に留まり、全身性副作用を発生させる危険性を高めてしまうためである。タイミングを合わせやすくするために、吸入器に付けて用いる「吸入補助器(スペーサー)」が製薬企業各社によってつくられている。
吸入剤は、作用する器官が肺や気道であるという特性上、喘息発作や呼吸困難の治療薬の剤形として用いられることが多い。

■吸入剤の種類

・交感神経刺激剤(気管支を広げて呼吸を楽にする効果がある)

・抗コリン剤(気管支を広げ、喘息の発作を予防する効果がある)

・副腎皮質(ステロイド)ホルモン剤(炎症を抑え、喘息の発作を予防する効果がある) など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加