1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 業界用語・専門用語関連の用語一覧
  4. デポ剤

デポ剤

デポ剤とは注射剤の一種で、体内に投与後、薬効成分を少しずつ放出し続けるため、作用が長時間持続するメリットがある。持効性注射剤ともいわれる。

デポ剤は油に薬効成分を溶かしてつくられる。筋肉注射、もしくは皮下注射によって投与され、注射する部位は臀部であることが多い。注射後、薬効成分が少しずつ体内に溶け出すため、薬の効果自体は2~4週間続く。経口薬と比べて服薬の頻度が格段に減るため、薬を飲むことを忘れがちな患者や拒薬傾向がある患者への投与に向いている。また、投与できる薬の量が内服薬よりも多いため、内服薬だけでは充分な効果が得られない患者にも投与される。

日本で使われているデポ剤は、主に統合失調症の治療薬である。また、ホルモン剤としてもよく使われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加