1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 業界用語・専門用語関連の用語一覧
  4. バイアル

バイアル

バイアルとは注射剤をいれるための容器で、ガラス(もしくはプラスチック)でできた瓶にゴムで栓をしたものを指す。微生物の侵入を防ぎ、無菌状態を保つことができる。

バイアルに入った注射剤を使用する際は、ゴム栓に注射針を刺して中身を吸い出す。蓋を開ける必要がないため、注射剤を一度で使い切らなくても良いというメリットがある。

注射剤を入れる容器には、古くから使われているものにすべてガラスでできた「アンプル」があるが、アンプルは一度開栓すると使い切らなくてはならないうえ、開栓時に怪我をする危険性があるなどのデメリットがある。そのため、近年はバイアル型の容器も増えている。

バイアルの特徴は、以下の通りである。

■長所
・容器内の薬剤を、複数回に分けて使用することができる。
・使用時に怪我をする危険がない。
・プラスチック製の容器であれば、ガラス製の容器に比べて丈夫で軽い。

■短所
・プラスチック製の容器は酸素を透過するため、注射剤の安定性に影響が出ることがある。
・ゴム栓に何度も注射針を刺すと、ゴムの一部が剥離して注射剤に混入する危険性がある。
・ガラス製の容器の場合、アンプルよりも分厚いガラスを用いるため重い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加