1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 業界用語・専門用語関連の用語一覧
  4. アンプル

アンプル

アンプルとは注射剤を入れる密封容器の一種で、薄いガラスでできている。注射剤に微生物が侵入することを防ぎ, 無菌状態を保つことができる。

注射剤の容器は、薬剤に影響を与えないことが必須の条件である。そのため、アンプルに使われる素材は薬剤に影響を及ぼさないホウケイ酸ガラス(硬質ガラス)が使われる。

アンプルは、薬液を充填した後、容器の末端を熱で融解させて封をして保管する。容器の末端は先細りになっていて「首部」といわれる。薬液を使用する際は首部を折り、折った部分から注射針を差し込んで薬液を吸いだす。

注射剤を入れる容器にはアンプル以外に、ガラス瓶(もしくはプラスチック製の瓶)にゴム栓で蓋をする「バイアル」や、注射器に薬剤を充填したまま保管する「プレフィルド・シリンジ」などがある。

アンプルの特徴は、以下の通りである。
■長所
・ホウケイ酸ガラス(硬質ガラス)を用いているため、薬剤にガラス成分が溶け出すことがほとんどない。
・酸素をはじめとしたガスが混入する心配がない。
・バイアルと比べ、安価に作ることができる。

■短所
・薄いガラスでできているため、壊れやすい。
・首部を折るときに、ガラス片が薬液に混入することがある。また、怪我をする危険もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加