1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 業界用語・専門用語関連の用語一覧
  4. 懸濁性注射剤

懸濁性注射剤

懸濁性注射剤とは注射剤の一種で、薬効成分を細かく砕いて液体に混ぜ込んだ注射剤。薬効成分がそのままの状態では水に溶けない場合に、懸濁性注射剤が用いられる。

薬効成分が液体に均等に溶けづらく、放置すると沈殿することもあるため、使用時にはよく振り混ぜる必要がある。
懸濁性注射剤は、ろ過や加熱滅菌ができないため、以下のような「無菌操作方法」によって無菌状態に調製する。

■無菌操作方法
1.無菌操作に使用する器具や容器、培養液などを滅菌処理して全く生物を含まない状態にする。
2.無菌操作を行う人間の手指を殺菌する(水で洗い、必ずアルコール殺菌をする)。
3.無菌室など、雑菌が混入しない場所で無菌処理を行う。

注射剤には懸濁性注射剤以外に、水を溶媒に使った「水性注射剤」や、植物性の油などを溶媒に使った「非水性注射剤」、通常の状態は固体で、使用するときに融解するか懸濁して用いる「固形注射剤」などが挙げられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加