1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 業界用語・専門用語関連の用語一覧
  4. ファーマコゲノミクス

ファーマコゲノミクス

ファーマコゲノミクスとは、ゲノム情報(遺伝子情報)に基づいた創薬研究のことで、医薬品の作用と患者個人の遺伝子特性との関係性を研究する学問を指す。略称はPGx。
ファーマコゲノミクスは薬理学(Pharmacology)とゲノム学(Genomics)を組み合わせて作られた造語のため、直訳して「薬理ゲノム学」や「薬理ゲノミクス」ともいわれる。

■ファーマコゲノミクスの目的
個々の患者に最適化された、医薬品や投薬法の開発。

■ファーマコゲノミクスのメリット
患者個人の遺伝子に最適な医薬品を開発・投与することで、医薬品の効果の向上や副作用の抑制が期待できる。また、効果のない医薬品の投薬がなくなることにより、医療費を削減することもできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加