1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 業界用語・専門用語関連の用語一覧
  4. 腫瘍焼灼法

腫瘍焼灼法

腫瘍焼灼法(しゅようしょうしゃくほう)とはレーザー治療法の一種で、高出力レーザーが持つ熱エネルギーによって、高温で患部を焼き切る治療法。主にがん治療に使われる。

■治療法

高出力レーザー装置を先端につけた内視鏡を、患者の体内に挿入する。

患部から1cm以内の近距離でレーザーを照射する。

がん細胞は加熱され、タンパク質が変性し、乾燥・炭化の後焼ききられる。

■長所
・開腹せずに治療できる
・照射範囲を絞ることができるため、開腹・開胸手術と比べて健康な組織を傷つけずに治療できる
・内視鏡を用いるため、病変や患部を目視で確認しながら正確にレーザーを照射できる

■短所
・出血や穿孔(せんこう)といった合併症が起こる可能性がある
※穿孔…焼灼時に起こった炎症が、内臓の筋層や漿膜(しょうまく)にまで進んで、内蔵に穴が開いてしまうこと。

■腫瘍焼灼法による治療例
肺がん、食道がん、胃がん、大腸がん、膀胱がん、子宮頚がん、喉頭がんなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加