1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 業界用語・専門用語関連の用語一覧
  4. 放出制御製剤

放出制御製剤

放出制御製剤とは、主薬成分が体内に放出されるまでの過程を制御する工夫が施された製剤。コントロールドリリース製剤ともいわれる。
形態は主に「経口投与型」「皮下注入型」「口腔内適用型」「子宮内適用型」の4種類がある。いずれも、製剤上の工夫を無効化させないために形状を変化させず用いること(噛む、砕くなどをしない)が重要である。

放出制御製剤には「治療効果を高める」「副作用を軽減する」「薬物耐性の発現を抑制する」などの効果がある。加工の仕方によって「徐法性製剤」と「時限放出型製剤」に大別され、それぞれの特徴は以下の通りである。

・徐法性製剤…薬の成分が少しずつ放出されるよう加工された製剤。主薬成分を少しずつ放出することで薬剤自体が持つ効果を長時間持続させることができる。

・時限放出型製剤…服用(投与)後に一定時間経ってから薬の成分が速やかに放出されるよう加工された製剤。薬を必要としている部位に到達する時間に合わせて成分を放出することで、副作用や薬物耐性の発現を抑制することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加