1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 業界用語・専門用語関連の用語一覧
  4. PTP包装シート

PTP包装シート

PTP(press through pack)包装シートとは薬を包装する方法の1つで、錠剤やカプセルをプラスチックとアルミで挟んだシート状のもの。プラスチック部分を強く押す事でアルミが破け、中の薬が1錠ずつ取り出される仕組みになっている。PTP包装、SP包装で薬を包むことによって、空気にさらすことなく保管できる。

■PTP包装シートの意味
薬が大気に触れる事による吸湿、紫外線などによる変質を防ぐ。また、破損を防ぐ効果もある。

■PTP包装シートの危険性
高齢者や乳幼児の患者を中心に、薬をPTP包装シートごと誤飲してしまう重大な事故が稀に発生している。PTP包装シートを1錠分ずつ切り離して服用する際などに、起こりがちな事故である。
PTP包装シートは切り離すと角が非常に鋭利になり、誤飲した場合は喉や内臓を傷つけやすい。PTP包装シートが刺さる部位によっては、手術を必要とするほど穿孔(せんこう)してしまうこともあるため、細心の注意が必要である。また、飲み込んでしまったPTP包装シートはX線を透過してしまうため発見しづらく、重症化しやすい。
こうした事故を避けるため、1996年以降に作られるようになったPTP包装シートは、1錠ずつ切り離せないように1方向のみのミシン目をつけている。また、誤飲しやすいと考えられる患者に関してはワンドーズパックで調製するといった工夫もとられている。
しかし誤飲事故はなくならず、さらに画期的な予防策が必要とされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加