1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 業界用語・専門用語関連の用語一覧
  4. 時限放出型製剤

時限放出型製剤

時限放出型製剤とは、服用(投与)後に一定時間経ってから、薬の成分が速やかに放出されるよう加工された製剤。放出制御製剤(コントロールドリリース製剤)の一種である。
本来の薬効を持った医薬品を、別の影響を与えない医薬品で包むなどして、成分が放出されるまでの時間を調整している。
人間の生理機能や病状が1日のうちで周期的に変動する(日内変動)ことに着目した「時間薬物治療学」のもと、こうした時限放出型製剤が医学領域で用いられるようになった。

■時限放出型製剤のメリット
たとえば明け方に症状が悪化することが多いとされる喘息の薬であれば、ちょうどその時間帯に薬効が発揮されるように加工することで治療効果を向上させることができる。
また、薬を必要としている部位に到達する時間に合わせて成分を放出させる加工を施すことで、副作用や薬物耐性の発現を抑制することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加