1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 業界用語・専門用語関連の用語一覧
  4. 徐法性製剤

徐法性製剤

徐法性製剤とは、薬の成分が少しずつ長時間放出され続けるように加工された製剤。放出制御製剤(コントロールドリリース製剤)の一種である。

徐法性製剤として挙げられる薬は、経口投与型がほとんどである。
投与後に剤形が崩れた後、個々の顆粒が徐法性を持つ「マルチプルユニットタイプ」と、経口投与後も剤形が崩壊せずに、製剤全体が徐法性を持ち続ける「シングルユニットタイプ」に大別される。

■徐法性製剤のメリット
成分を少しずつ放出し続けることで、血中の有効成分濃度の急激な上昇を避け、副作用の発生頻度を下げることができる。また、薬の効果が持続する時間を延ばすことにより、薬の服用回数を減らすことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加