1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 業界用語・専門用語関連の用語一覧
  4. 適応外処方

適応外処方

適応外処方とは、国内で未承認の医薬品を使用すること。また、承認済みの医薬品を、承認されている効能・効果以外の目的で使用することも指す。

適応外処方の場合、原則として保険は適用されず、自由診療扱いとなる。ただ、十分な科学的根拠が認められる場合(公知申請)や、高度医療に用いる一部の新薬などに限り、例外的に保険適用・保険診療との併用が認められる。

■適応外処方の例
・アスピリン(頭痛薬としてよく使用される)→妊娠中毒症の治療に使用
・エリスロシン(感染症に効く抗生物質)→びまん性汎細気管支炎(DPB)や慢性副鼻腔炎の治療に使用
・トフラニール(抗うつ薬)→帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛、慢性疼痛の治療に使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加