1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 業界用語・専門用語関連の用語一覧
  4. レトロスペクティブスタディ

レトロスペクティブスタディ

レトロスペクティブスタディとは疾病の要因と発症の関連を調べるための、観察的研究の手法の一つである。後ろ向きコホート研究、後ろ向き研究ともいわれる。コホート研究と手法・メリットが対照的な研究手法である。

■手法
対象疾患の患者を「症例」として1グループにまとめ、続いて「症例」と性別・年齢が似通っている人々を選び「対照」として1グループにまとめる。両グループの生活習慣などを辿り、なぜ「症例」グループの人々は病気を発症し「対照」グループの人々は病気を発症しなかったのかを、仮説を立てつつ調査していく。
公害と発がん性との関連を調べる際などに用いられる手法である。

■メリット
・研究期間が短期間で済む

■デメリット
・対照を選ぶ際や仮説を立てる際、研究側のバイアスがかかりやすい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加