1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 業界用語・専門用語関連の用語一覧
  4. ワクチン

ワクチン

ワクチンとは生物学的製剤(バイオテクノロジー技術によって生産された医薬品)の一種で、接種することで感染症の予防に有効な作用を持つ医薬品のこと。毒性がなくなった、もしくは弱められた病原体を体内に注入することで抗体を作り、対象となる感染症にかかりにくくする効果を持つ。現在、日本国内で流通しているワクチンは、諸外国と比べ非常に少ない。この現状はワクチンギャップと称され、厚生労働省で問題視されている。
ワクチンは大きく生ワクチンと不活化ワクチンに分けられ、摂取方法はワクチンによって皮下注射、経口、皮内注射などが定められている。生ワクチン・不活化ワクチン共に原則として複数同時接種は禁止されており、複数接種する場合の接種間隔も指定されている(生ワクチンであれば4週間以上、不活化ワクチンの場合は1週間以上)。ただし、医師の判断により必要であると認められた場合のみ、同日接種も可能である。
生ワクチンと不活化ワクチンの違いは、以下の通り。

■生ワクチン
毒性を弱めた微生物・ウイルスを使用したワクチン。自然感染に近い形で抗体をつくるため、接種により液性免疫・細胞免疫共に得ることができる。そのため不活化ワクチンよりも免疫力が強く、免疫持続時間も長いというメリットがある。しかしその反面、副反応を発症させる可能性が高い。主な生ワクチンの例はBCG、麻疹、おたふく風邪など。

■不活化ワクチン
微生物やウイルスの持つ体内で増殖する機能を、化学処理などによって無効化(不活化)させ、毒性をなくしたものを使用したワクチン。生ワクチンとくらべ副反応が少ない点がメリットだが、獲得できる免疫が液性免疫のみであり免疫持続時間が短いなどのデメリットがある。そのため、不活化ワクチンには複数回の接種が必要なものも多い。代表的なものはインフルエンザウイルスワクチン。その他狂犬病や百日咳など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加